ピクシブ百科事典

715系

ななひゃくじゅうごけい

715系とは、日本国有鉄道及びその業務の一部を継承した九州旅客鉄道と東日本旅客鉄道に在籍していた近郊形交流電車である。
目次[非表示]

概要

新幹線ネットワークの拡大にともない余剰となっていた寝台特急形交直両用電車581系及び583系を改造して、1984年から1985年にかけて誕生した車両で、九州地方向けの0番台と東北地方向けの1000番台に分類される。
特急形電車を無理矢理近郊形電車に改造したため、その奇抜過ぎるスタイルから、同じ経緯で製作された近郊形交直両用電車419系と共に"食パン列車”とあだ名された。

国鉄時代は両車共にクリーム地に緑のラインという塗装だったが、JR時代になると各会社による塗装変更が行われ、JR九州に継承された0番台は白地に青のライン、JR東日本に継承された1000番台は白地に緑のラインに変更された。

主な改造

基本的な改造部分については419系と同じである。

扉の増設

種車は扉が折り戸が一つだったが、改造時に後ろに一つ折り戸が追加された。が、近郊車としては前例がないほど狭く幅はわずか700mmである。

戸閉回路の変更

これにより、全ての運転台から扉を操作できるようになった。

一部窓を開閉可能に

種車は開閉不可能であったが、片側3枚を4分割ユニット窓にして、混雑時の換気の面を良くした。なぜ片側3枚のみかというと、元々冷房が付いていたから。

中間車に運転台を増設

種車の中間車の妻面を片側撤去。運転台を溶接し、中間車を改造。しかし、妻面が切妻のまま、元から屋根が高いこともあって、あの食パン列車の異名が付いた。また、デビュー当時は「国鉄ひょうきん族」とも呼ばれた。

運用

0番台が鹿児島本線及び長崎本線及び佐世保線、1000番台が東北本線及び奥羽本線及び仙山線に導入された。

0番台は長崎本線や佐世保線の普通列車"タウンシャトル”を中心に運行されたが、一時は臨時急行を担当する事もあった。1998年、近郊形交流電車813系に置き換えられる形で引退し、廃車となった。

1000番台は東北本線や仙山線及び奥羽本線で普通列車を中心に運行されていたが、1998年、通勤形交流電車701系および719系により置き換えられる形で引退し、廃車となった。

保存車

現在、クハ715-1が九州鉄道記念館に保存されている。
この保存に際し、塗装を特急時代のクリーム1号+青15号に塗替・車両番号表記の復元(クハ715-1→クハネ581-8)・側面の中・上段寝台用明り取り窓と特急エンブレムの再設置する等と言った復元工事が実施された。
ただし715系時代に施工された増設扉・セミクロスシート・開閉窓・中吊広告枠はそのまま残っておりなんちゃって583系となっている

関連項目

日本国有鉄道 九州旅客鉄道 東日本旅客鉄道
419系 食パン 魔改造

pixivに投稿された作品 pixivで「715系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2701

コメント