ピクシブ百科事典

ベニバナ

べにばな

キク科ベニバナ属の一年草または越年草。
目次[非表示]

概要

キク科の越年草。
高さ約1メートル。アザミに似て、は堅くてぎざぎざがあり、互い違いに生える(互生)。
に大型の頭花をつけ、は初めは黄色、のち次第に紅色に変わる。

花を摘んで発酵乾燥させたものから 染料の紅、口紅着色料などを作り、種子からは食用油をとる。
乾燥させた花は紅花(こうか)と呼ばれ、血行促進、血圧降下などの作用がある生薬として用いられる。

エジプト原産。古くから世界各地で栽培されている。
日本にはシルクロードを経て4世紀から5世紀ごろに渡来したといわれている。その後江戸時代までは高級染料として盛んに栽培されたが、化学染料の出現によって栽培は衰退した。山形県が主産地。
種子からリノール酸を含む良質の油が採れるので、今では食用油としての需要が多く、アメリカなどから輸入されている。

古名を末摘花といい、万葉集などにも登場する。
他に、呉の藍(くれのあい)、べにのはな、サフラワー(safflower)、などともよばれる。
8月11日の誕生花。花言葉は「あなたは特別な人」

紅花


関連作品

おもひでぽろぽろ…紅花農家の作業風景が描かれている。
源氏物語…末摘花という名の女性が登場する。

別名・表記揺れ

紅花 末摘花

関連タグ

植物 作物  生薬

紅花染め  / 紅色 ベニバナ油 
山形県 花笠

外部リンク

ベニバナ(wikipedia)

pixivに投稿された作品 pixivで「ベニバナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49823

コメント