ピクシブ百科事典

末摘花

すえつむはな

ベニバナの古名。あるいは源氏物語に登場する女性。
目次[非表示]

末摘花とは

  1. 紅花の古名。
  2. 源氏物語第6巻の巻名で、光源氏と関係を持つ女性のうちのひとり。
  3. 源氏物語第6巻を基にした歌舞伎の演目の一つ
  4. 川柳集「誹風末摘花」。1776年~1801年刊行。

紅花

紅花の古名。万葉集などに見られる。
ベニバナの花を摘む際、茎の先端にある花を摘み取ることからこの名がついたとされる。
また、外側(末)の開いた花弁から順に摘んでいくためとする説もある。

源氏物語

源氏物語第6巻の巻名で、光源氏と関係を持つ女性のうちのひとり。
常陸宮の娘で、容貌は醜いが、古風で実直な性格をもつ。美しい黒髪を持つ。

父が早くに亡くなっため、住んでいた屋敷が荒れ果てるほど困窮していた。
源氏も当初は彼女の容姿に驚くも、彼女の境遇に同情し援助をする。
その後、源氏忘れられた時も、彼を信じて待ち続ける。
純真で一途な心根に感動した源氏は彼女を二条院に引き取り、妻の一人として平穏に過ごした。

川柳集

似実軒酔茶編集の川柳集「誹風末摘花」。初編は書肆花屋久次郎編。1776年~1801年刊行。
川柳評前句付「万句合」の中から、性的風俗を扱った末番句(すえばんく)、いわゆる「バレ句」を選び出し、一句立として集めた艶句集。「末摘花」は末番の花を摘み集めたという意味のシャレた書名である。
4編合計2331句。大正末年に沢田五猫庵の手により、八編までが追加編集されている。

関連タグ

曖昧さ回避 pixpediaで分割された項目

外部リンク

末摘花(源氏物語):wikipedia
源氏物語の世界「末摘花」

pixivに投稿された作品 pixivで「末摘花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3809

コメント