ピクシブ百科事典

455系

よんひゃくごじゅうごけい

日本国有鉄道(国鉄)の交直流両用急行形電車。
目次[非表示]

概要

日本国有鉄道国鉄)が1965年から新製・運用開始した交直流両用急行形電車
50Hz地域(東北本線常磐線等)向けの抑速ブレーキ装備車である。制御車・付随車を60Hz地域向けの475系と共用(455形)している。1969年以降の新製は50/60Hz両用の457系に移行した。なお、165系169系453系の一部も当形式に改造の上編入されていた。直流用と違い走行中の電気方式切替などの関係から制御回線の余りが少なく、451・453系の改造車は制御関連機器の交換に加え、直流車では必要なかった制御ジャンパ線の増設を行っている。

国鉄分割民営化時には既に本来の目的である急行運用はなく、サロ・サハシは改造車(事故廃車の補充や短編成化の先頭車需要で少数改造車がある)を除き1985年までに消滅。JR東日本JR西日本JR九州に継承された。特にJR東日本の仙台車両センターの車両は車体更新や種別・行先表示器が幕式からLED式への換装で印象を大きく変えたほか、様々なラインカラーを纏ったりした。

優等列車使用時は全車に便洗面所が設置されていたが、ローカル転用後は需要や維持コストの関係から3両に一個の割合に減少させられ、使用しなくなった設備は未更新車は閉鎖、更新車は水タンク共々撤去された。
1992年の成田線大菅踏切事故で、同様の前面の113系が過積載の大型ダンプカーと衝突大破し、運転手が救出の遅れから死亡したことにより、緊急対策で東日本所属の補強工事未施工車に対し前面補強工事が強力に行われることとなり、更新工事車も含む過半数以上の車両はファンに「鉄仮面」と通称される急ごしらえの補強板が設置され大きく外観を損ね、廃車期までの特徴となった。(それでも、最初から塗装処理されていただけ首都圏の車よりはだいぶましであったが。)

老朽化やアスベスト問題で急速に廃車が進められ、JR西日本の金沢支社管内においては、457系とともに普通快速列車運用に一部が残存していたが、521系増備により2015年3月14日のダイヤ改正で運用を終了した。

この時点で残っていたのは、413系との混結編成として使われていたクハ455形700番台(サハからの先頭車改造車)が2両。この2両は最後の国鉄急行形電車として引き続き七尾線で使用されていたが、2020年秋以降の521系増備によって運用を終了する予定。455系が近いうちに形式消滅する。

保存車

なお、埼玉県さいたま市鉄道博物館には国鉄色のクモハ455-1、仙台色のモハ454-4・クハ455-2が保存されている。

関連タグ

急行 東北本線 常磐線 磐越西線 仙山線 北陸本線
山陽本線 鹿児島本線 日豊本線

  • 165系:直流専用急行形でほぼ同じスペック。ただし、こちらは客用扉のステップがない。
  • 413系717系:車体更新車。

関連記事

親記事

急行形電車 きゅうこうがたでんしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「455系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11354

コメント