ピクシブ百科事典

急行形電車

きゅうこうがたでんしゃ

主に急行料金を必要とする急行用に使われる電車車両。
目次[非表示]

概要

国鉄、JRにおける急行型電車

専ら急行列車(初期には準急列車も)に使用することを目的に新製された電車日本国有鉄道国鉄)における構造上の定義は「客室出入口デッキ)と仕切られ、横型の座席(いわゆるクロスシート)を備え、長距離の運用に適した性能を有する」こと。修学旅行専用列車用として新製された車両(155系159系167系)についても上記に類した構造と急行形と同格の運転性能であり、多客期には臨時急行列車運用もあったことから、広義の急行形電車とされる。

国鉄分割民営化後は急行列車が格上げあるいは快速化で減少したこともあり、急行形としての新系列は登場していない。継承された急行型電車もローカル運用に充当され、近郊型電車に改造されたり後継車両の登場で置き換えられたりして数を減らしていき、2015年3月14日のダイヤ改正でJR西日本北陸本線で運用されていた475系457系が終焉を迎えた。

富士急行に譲渡された元「パノラマエクスプレスアルプス」165系である「フジサン特急」も引退を迎え、2016年4月時点で営業運転にいるのは、413系と混結編成を組むクハ455形700番台の2両のみとなる。

系列名一覧

153系 157系 165系 167系 169系
451系 453系 455系 457系 471系 473系 475系

413系717系…近郊型電車に改造された急行型電車。
107系…165系の台車・機器を流用して制作された。

上記を除く私鉄などの急行型電車

旧国鉄やJRを除く私鉄などでは急行料金を必要とする急行列車はほとんど運転されなかったこともあり(大手私鉄で走る急行は、JRでは快速に近い)、急行専用の車両が製造されることもほとんどなかったが、私鉄で料金が必要な急行型電車車両としては東武鉄道りょうもう用の1800系200系などが代表例として挙げられる(200系の時に特急化、現在の東武の急行電車は料金不要となった)。

現在、急行料金を必要とするの急行電車を走らせる私鉄秩父鉄道の「秩父路」がある。
秩父鉄道はかつては自前の急行型電車車両を走らせていたが、その後JR東日本より165系を購入し改造した上で3000系として使用。現在は西武鉄道から新101系電車を購入し、改造した6000系電車を使用しており、急行として現役の急行型電車としては唯一の存在となっている。
なお電車以外では、SL急行を走らせる大井川鉄道などがあるが(秩父鉄道のSLのバイオエクスプレスは急行ではない)、同鉄道はかつては急行料金の必要な急行電車も走らせていたが、現在も走る急行電車は料金不要となっている。

料金不要の急行で使われる通勤型車両は、上位の特急や下位の準急、普通と共通して使われることが多いが、急行専用車両に近い車両としては近鉄5200系が挙げられ、定期列車としてはもっぱら大阪線、名古屋線の急行用として使われる。

関連タグ

特急形電車 近郊形電車 通勤形電車

pixivに投稿された作品 pixivで「急行形電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1233

コメント