ピクシブ百科事典

大井川鉄道

おおいがわてつどう

静岡県にある地方私鉄。日本における蒸気機関車(SL)の動態保存運転のパイオニア的存在として知られており、「かわね路号」を定期的に運行している。
目次[非表示]

概要

静岡県島田市金谷に本社を置く地方私鉄。正式会社名は「大井川道」だが、タグとしては「大井川道」が多く使われている。通称「大鐵(だいてつ)」。
もとはこのタイトル通りの「大井川鉄道」を法人の正式名称としていたが、名鉄グループ時代の2000年10月1日に自社子会社の「大鉄技術サービス」と合併、翌2日には存続法人を(旧)大鉄技術サービスに、社名を「鉄」を旧字体(鐵)にした「大井川鐵道」とした。

元々は大井川沿いの地域輸送と貨物輸送のために建設されたが、現在は収益の9割をSLに依存しており、ほぼ観光鉄道と化している。沿線人口の減少により地域輸送の占める割合は小さく、文字通りSLが経営の生命線となっている。
長らく名鉄グループに属していたが、平成中期に続発したツアーバス事故を起因とした高速バス走行距離規制強化により首都圏からの集客が大幅に低下し経営が悪化。これに対する経営再建のため2015年北海道ホテル経営をするエクリプス日高に経営権を売却し、グループを離脱した。また井川線は中部電力からの運営の委託を受けて運行している。

2014年には期間限定で「きかんしゃトーマス号」を運行。日本型のSLをベースにしながらも高い完成度で話題をさらった。
以降、毎年春から秋にかけて運行している。
(それまでは旧国鉄やレトロ感などの原型にこだわった動態保存を売りにしていたが、上記の経営再建に伴いきかんしゃトーマスをメインにしたファミリー向け観光へと舵を切る形となった。また同時に普通列車の減便にも踏み切っている)

路線

大井川本線:金谷千頭間 39.5km、電化

SLの動態保存のパイオニアとして「かわね路号」を運行。現在は3形式4両のSLを動態保存している。
金谷駅でJR東海東海道本線と接続する。国鉄時代は線路が接続されており直通列車があった。
初期のころに国鉄から譲受した動態保存機(2109、C11 227など)が甲種輸送扱いでここから入線したほか、臨時列車としてサロンエクスプレス東京が入線したこともある。

井川線南アルプスあぷとライン):千頭~井川間 25.5km、一部電化

元々は中部電力のダム建設専用路線であり、大井川鉄道譲渡後1,067mmに改軌されたが、車両規格は小さいままとなっている。
日本唯一の営業路線でアプト式を採用している。
上り井川発の井川線の最終列車は15時54分(2020年4月現在)であり、これを逃すとダムだけしかない駅に取り残される。また井川線以外では駅に到達できない尾盛駅を筆頭に秘境駅が多く存在することでも知られる。
詳しくは当該記事を参照。

現役車両

SLおよび客車、一部の電気機関車(EL)以外は、私鉄からの譲受車両で成り立っており、「走る鉄道博物館」と評されることも。
ここでは大井川本線の車両を紹介。井川線車両は当該記事を参照。

電車

6000系

南海6000系(大井川のすがた)


元南海電気鉄道6000系。2020年7月に1編成2両を譲受。同年7月10日に6016号車が、14日に6905号車がそれぞれ入線した。
走行路線である大井川本線では、勾配対策のため金谷方先頭車は必ず電動車にするのが慣例になっていたことから、車両のトレーラー輸送の際に編成の方向転換も行っている(21000系と編成の向きが反転)。

2021年のイベントで初めて一般にお披露目され、6200系6300系と同じタイプのスカートの増設やワンマン化改造、さらにはバリアフリー化対応改造が行われた。現在は2022年の本線営業運転開始に向け整備中。

7200系

7200系


十和田観光電鉄7200系。元々は東京急行電鉄7200系である。2両が在籍。
十和田観光電鉄入線後に両運転台化およびワンマン化改造が行われており、単行運転が可能。2012年4月1日付で十和田観光電鉄線が廃線されたことで一旦廃車となり、同地の車庫で約2年間保管された後、2014年6月に大井川鐵道に譲渡された。同年6月20日に入線し、2015年2月23日に本線営業運転を開始した。
同車の単行運転により、オフシーズン時や短区間運行時に運行経費が抑えられる利点がある。

16000系

吉野特急


近畿日本鉄道16000系。トイレの閉鎖、ワンマン化改造が行なわれた以外はほぼ近鉄時代の特急用クロスシートのまま使われている。全車デッキなしの未更新車。

1997年に第1・第2編成を、2002年には第3編成をそれぞれ譲受。1998年7月23日には第1編成が、同年12月には第2編成が、2004年には第3編成がそれぞれ本線営業運転を開始した。しかし老朽化や部品取りのため、2015年1月には第1編成が、2021年11月には第2編成がそれぞれ廃車・解体された。そのため、2022年現在は第3編成のみが運用されている。
塗装は近鉄時代から継続して旧特急色を維持している。2021年11月に12200系が運用を終了したことにより、本家近鉄から旧特急色が消滅したため、同色で運用されている全国唯一の車両である。

21000系

昔南海今大鐵


南海電気鉄道21000系「ズームカー」。同じくワンマン化改造済み。
転換クロスシートの初期車で2編成4両を1994年と1997年にそれぞれ譲受した。車齢は60歳を超えるが、一畑電車で廃車となった同形式の保守部品を調達したこともあり、現在も主力として運用されている。
塗装は導入の際に旧南海色に塗り替えている。また、イベントで2編成の併結運転を行ったことがある。

機関車

EL

E10(E101・102)

てつどー


大井川鉄道自社発注のEL。登場当初は貨物列車に使われていたが、「かわね路号」の運行開始後は主にSLの補助機関車として使われている。
1949年にE101・102・103の3両が製造された。E101・102は車齢70歳を超える高齢ながら現役であるが、E103は2003年3月より長期休車となった後、2016年6月に廃車・解体された。

E31(E32・33・34)

【HD西武10】西武最後の電機【E31形Ⅱ】


西武鉄道E31形。2010年9月に譲受。同年9月13日に入線した。
本線営業運転に必要な整備の費用が捻出できず、長らく新金谷車両区での入換作業に使用されていたが、2017年10月15日にE34が本線営業運転を開始。その後E33・E34も本線営業運転を開始した。
西武鉄道時代に正丸峠を越える貨物運用が想定されていたこともあり、当初から重連運転が可能。ただし主電動機は元電車(351系)のそれを転用しているため、単機では下記のELよりも出力が弱いという欠点がある。

ED500形(ED501)

実現して欲しい列車シリーズその1


かつて東海道本線近江長岡駅に接続していた大阪窯業セメント専用線で長らく運用されていた元いぶき500形電気機関車。
ED501・ED502の2両が1999年10月6日に入線。2000年2月にED501が本線営業運転を開始(ただし、新金谷駅での発車式や千頭駅でのお披露目イベントは同年3月18日に開催)した。しかし、中部国際空港建設に伴う埋立用土砂輸送のためのELが三岐鉄道で必要となったことから、ED501が貸与され、ED502が譲渡された。任務完了によりED501が2003年3月18日に返却入線した。

SL

C10(C10 8)

大井川鐵道 新金谷車両区C10


国鉄(→ラサ工業)C10形蒸気機関車。
ラサ工業では宮古工場専用線で運用され、専用線廃止後は宮古市内で動態保存されていた。
1994年4月24日に入線。動態復元され、1997年10月14日に本線営業運転を開始。
現存する唯一のC10形である。単独では客車4両(以前は5両)まで牽引可能。

C11(C11 190・227)

川根路へ向かう
親方とC11


左がC11 190、右がC11 227。
元国鉄C11形蒸気機関車。

  • C11 190は国鉄時代にお召し列車を牽引した実績がある。 2001年6月24日に入線。動態復元され、2003年7月19日に本線営業運転を開始。単独で客車4両(以前は5両)まで牽引可能。

  • C11 227は国鉄での現役時代は北海道で運用されていた。 1975年11月22日に入線。動態復元され、1976年7月9日に本線営業運転を開始した。日本の復活SL第1号である。単独で客車4両まで(以前は5両まで)牽引可能。
2014年から運行されている「きかんしゃトーマス号」のトーマス役に抜擢され、2021年6月には期間限定で車体を緑色(映画『きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語』で登場した塗装)に塗り替えて運行した。

大井川鐵道のトーマス



C56(C56 44)

C56-44タイ国鉄仕様


元国鉄であるが、戦時供出でタイへ渡り、泰緬鉄道などで運用されていた。タイ時代の形式は700形(735)であった。
1979年に日本に帰国し、同年6月29日に入線。動態復元され、1980年1月29日に本線営業運転を開始した。
ボイラーの調子があまりよくなく、単独では客車3両までしか牽引できない。
戦後、正式な補修部品や図面が存在しないまま30年以上走っていたためもあり、2003年12月から休車となった後、同鉄道の部品取り機C12 208のボイラーを転用し、2007年10月7日に本線営業運転を再開した。
2015年から運行されている「きかんしゃジェームス号」のジェームス役に抜擢された。

C12(C12 164) ※長期休車中
元国鉄C12形蒸気機関車。
1973年9月24日に本川根町に貸与され、大井川鉄道に入線。同年10月から千頭駅構内で静態保存されていた。
日本ナショナルトラストが1987年2月に募金で購入。大井川鉄道で動態復元され、同年7月25日に本線営業運転を開始。
2005年ATSの設置が義務化されたが、それの設置費用を捻出できず、同年4月23日をもって運用を終了。翌24日から休車となり、2011年10月7日からは新金谷駅構内の転車台で展示されている。
将来的には本線営業運転を再開する方針であることが、2016年9月に発表された。

客車

オハ47形(オハ47 81・380・398・512)
スハフ42形(スハフ42 184・186・286・304)
スハフ43形(スハフ43 2・3)

スハ43系(1)


元国鉄43系客車。
純然たるオハ47形はオハ47 81の1両しか存在しない(オハ47 380・398・512はオハ46形の法的扱いの制約からくる改形式車で、製造後軽いことでオハ46形に編入された元スハ43形のグループ)。スハフ43形は日本ナショナルトラストの所有車。

オハ35形(オハ35 22・149・435・459・559)
オハフ33形(オハフ33 215・469)

オハ35系


元国鉄オハ35形
オハ35形、オハフ33形ともに戦後型を擁していた。しかし、戦前型より数段車齢が若いはずのオハ35 857は特に老朽化の進行程度が早く、2011年11月から休車となった後、2016年7月に廃車・解体された。
オハ35 149は「SLマン」運行時に塗装を緑色に変更していたことがある。

オハニ36形(オハニ36 7)
元国鉄オハニ36形。
鋼体化改造車の60系客車一族の一員で、荷物合造車である。日本ナショナルトラストの所有。

ナロ80形(ナロ80 1・2)
スイテ82形(スイテ82 1)
西武鉄道501系

  • ナロ80形はお座敷客車。ナロ80 1はサハ1516の改造車で1980年1月に運用を開始、ナロ80 2はサハ1426の改造車で1985年12月に運用を開始した。形式の80は最初に登場した年が1980年であることに由来する。
  • スイテ82形は展望車。サハ1515の改造車であるスイテ82 1が1982年10月14日に運用を開始した。車内は豪華なソファーを向い合せに並べており、床に絨毯を敷くことも考慮している。なお絨毯敷にした場合車内は土足厳禁となるため、車内には靴箱が設置されている。形式の82は1982年に登場したことに由来する。

14系(オハ 14 511・535、スハフ 14 502・557)

第二の職場へ


JR北海道14系客車。寒冷地仕様の500番台である。
旧型客車の負担分散のため、夜行急行はまなすに使われていた4両を2016年6月に譲受した。整備作業の遅れにより運用開始時期は未定。

12系(オハ12 701・702・703、スハフ12 702・オハフ13 701)

あの夏の思い出


JR西日本12系客車。
SLやまぐち号に使われていたレトロ客車5両を2018年2月に譲受した。導入理由は14系と同じだが、こちらも運用開始時期は未定。

過去の在籍車両

機関車

SL

2100形(2109)
1891年、英国ダブス製。
大井川鉄道が初めて扱った動態保存機であり、この路線のSL運行のさきがけのような存在。
西濃鉄道にて廃車となったところを1970年8月に譲受し、千頭駅構外側線(通称:リバーサイド線)で動態保存を行っていた。
明治生まれの古典蒸機であり、イギリス製ということもあってクラシカルかつ優雅な外観を持つ。
1976年ごろからはしばらく静態保存されていたが、1992年から翌1993年にかけて再度動態復元された。同年9月に日本工業大学に寄贈された。
現在でも同大学の技術博物館で走行している。

10形(15・17)

九州鉄道4形


1889年、ドイツ国クラウス製。
15・17とも、元をたどれば九州鉄道が開業時にドイツに発注した機関車の一員であり、鉄道院で廃車後に東京横浜電鉄(現・東急東横線)→明治鉱業昭和鉱業所/留萌鉄道を経て廃車。
15は地元沼田町で保存され、17は競売の後個人に購入された。

15は1974年、鉄道100年に乗じた映画製作のプランが発案され、道内の鉄道車両メーカー、泰和車両が動態復元。
結局、映画計画は頓挫し、大井川鉄道に貸与されることとなった。
17は、麒麟麦酒横浜工場のイベントでの走行披露、大阪万博での静態展示を経て、1971年2月に大井川鉄道に入線した。
両機とも、2109と同じくリバーサイド線で動態保存を行っていた。

その後、15は1976年9月に北海道沼田町に返却。17はボイラー不調の末、1973年に返却。この2両が大井川鉄道で顔を合わせることはなかった。
15は現在も沼田町内の施設で静態保存。17号はさらに流転を重ね、現在は栃木県の「那珂川清流鉄道保存会」で静態保存。
どちらも火を入れれば動きそうな極良の状態で展示されている。

1275形(1275)
1924年、ドイツ国コッペル製。
車歴をたどると、新潟臨港が開業時にドイツに発注した1号機にたどり着く
その後、1941年に新潟臨港開発(途中で社名変更)が国有化された際に、国鉄に編入され1275形の形式が与えられた。
1943年に国鉄を廃車後は同じ新潟県内の日本ステンレス直江津工場に払い下げられ、信越本線黒井駅から延びる専用線で活躍。
1970年にディーゼル機関車に置き換えられた後、1971年10月に大井川鉄道が譲受。同年10月25日に入線した。動態復元され、翌11月14日に井川線千頭~川根両国間の「リバーサイド線」で運用を開始した。1975年には伊予鉄道甲1形機関車に外観を似せた上でNHKの連続ドラマ「坊っちゃん」に出演
1989年にリバーサイド線での運用を終了。その後、新金谷車両区で全般検査を受け、同車両区で構内試運転が行われたこともあるが、1997年に新金谷駅前の「プラザロコ」に搬入され、静態保存機となった。

形式なし 1 「いずも」
1921年、ドイツ国コッペル製。
一畑軽便鉄道が開業時に発注した機関車の一両。軌間が1,067mmであるものの、それ以外はほぼ軽便鉄道の蒸気機関車であり、連結器も自動連結器とピン・リンク式の両方を装備する
一畑軽便鉄道電化後の1929年に廃車後は七尾セメント(のちに住友セメントに買収)に売却され、同社の専用線で活躍。
用途廃止後は倉庫内で分解されて放置状態だったものの、鉄道系の書籍を多く出版する出版社「プレスアイゼンバーン」の松本謙一・前里孝両氏が購入し大井川鉄道に保存を委託
最初に働いた一畑軽便鉄道から連想した「いずも」という名を与えられ、リバーサイド線で動態保存された。

特筆事項としては、1983年井川線規格に適合させるために煙突と運転台の屋根を切り詰める改造を行い、翌1984年には井川線用の客車を牽引して終点の井川駅まで乗り入れたことがある
まだ井川ダムによる線路付け替えとそれによる急勾配区間が発生していないからこそできた芸当であり、井川線全線を走り通した唯一のSLとなるだろう。

1989年のリバーサイド線廃線後は、七尾セメント時の外観に復元され、1997年からは新金谷駅前の「プラザロコ」で静態保存されている。

C11(C11 312)
元国鉄C11形蒸気機関車。
廃車後、1975年12月より三重県松阪市のドライブインあら竹で静態保存されていたものを1987年10月に譲受。
1988年3月19日に入線。動態復元され、同年7月23日に本線営業運転を開始。単独で客車5両まで牽引可能であった。
しかし、台枠の老朽化とそれに伴う軸焼けが多かったため、2007年9月8日のさよなら運転をもって運用を終了。翌9日付で廃車。
以後は部品取り機となって荒廃していたが、2019年10月ごろから復元工事が行われ、2020年11月12日の「KADODE OOIGAWA」オープンと同時に静態保存が開始された。

大井川鐵道は機関車が好き?

現在、JR貨物を除くほとんどの鉄道会社では、車両故障などの際に電車気動車の別編成が救援に向かうことが常態化している。しかし、大井川鐵道は現在でも救援や甲種回送は機関車が担当することが多く、特に重く粘着力の高いE10形の救援出場が散見される。挙句の果てには、SLを使う場合も。

また、「きかんしゃトーマス号」のシーズンになると電車の予備車がなくなるため、車両故障が起きた際はEL牽引の客車列車が運行されることがある。

2019年には牽引可能なSLも不足してしまい、SLの故障により「かわね路号」をELが牽引する日が続いた。ただし、令和時代においては非常に珍しくなったELが旧型客車を牽く光景はコアなファンに好評であり、これを目当てに乗り鉄撮り鉄が集まった。なお、この時初めてE31形が重連運転を披露し、ファンを沸かせた。

その後、味を占めたのかファン向けにEL牽引の客車列車でかつての長距離鈍行を再現する(11時間29分乗りっぱなし)企画なども行っている。

関連タグ

大井川鐵道 井川線
蒸気機関車 SL C10 C11 C56 

中小私鉄 鉄道
静岡県 島田市 川根本町 静岡市
南海電気鉄道 近畿日本鉄道 京阪電気鉄道 東急電鉄 西武鉄道 国鉄 JR北海道

きかんしゃトーマス

神尾観鈴:本線に「神尾駅」があるため、一部で聖地とされる。
井川ちしろ鉄道むすめのキャラクター。
ゆるキャン△:大井川沿いでキャンプする話で登場。単行本10巻と11巻の背景にも描かれている。

関連記事

親記事

中小私鉄 ちゅうしょうしてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「大井川鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42374

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました