ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

富士山麓電気鉄道の前身である富士急行時代の2002年2月28日に運行開始。

かつては通勤車両(1000系)を使用したふじやま号を運行されていたが、世界的な観光地である富士北麓地域を訪れる方々に“移動中の車内からも富士山の美しさ・雄大さをゆったりと堪能してもらいたい”との思いから新たな特急列車を設定することになった。
当初は2編成体制で運行していたが、2016年には車両更新により1編成での運行となり、運用の半分が富士山ビュー特急に差し替えられた(後述)。

車両

2000系(引退)

フジサン特急
短時間挑戦 2723


初代車両。
特急運用で使えそうな車両を富士急行が探していたところ、2001年8月に運行終了したJR東日本165系パノラマエクスプレスアルプス」がそれにふさわしい種車として選定され、改造工事ののち富士急行2000系として活躍することになった。
車内は特に変更はなかったが、塗装はホワイトをベースに「フジサンキャラ」101種を2編成に分けて(※ただしフジサンクンのみ2編成両方にいる)ラッピングすると言う、独特な外見となった。
「パノラマエクスプレスアルプス」時代は、3両編成2本を繋いだ6両編成で日常的に使われていたのに対し、富士急行では3両×2編成の使用となり、以前使われる機会が少なかった貫通型先頭車が日常的に顔を出すようになった。また、方向転換は行わなかったので、2編成は車両の向きが違っていた。(画像左の2001編成は展望車が富士山駅方、画像右の2002編成は展望車が大月駅方を向いていた。)

種車がJRの165系であった関係上、老朽化が進んでおり、導入から12年より別の中古車両への置き換えを開始。
2002編成が2014年2月10日(当初は9日の予定だったが、記録的大雪でラストランが中止、翌日廃車回送を兼ねて大月駅→河口湖駅を走行)に運行を終了、この際パノラマエクスプレスアルプス色に復刻した。残る2001編成は2016年2月7日運行終了、こちらはフジサンキャラ(1号車前面のフジニッコリ、1号車側面のフジサンクン、3号車前面のフジポッポ)が号泣するさよなら装飾がされた。
2001編成の先頭車・クロ2001号車が下吉田駅に静態保存されている。

8000系

富士急8000系6th
富士山の日


引退する2002編成の代わりとなる車両として小田急電鉄20000形RSE」を1編成導入することになった。20000形第2編成を改造種車に、日本車輌製造で7両編成から3両編成への編成短縮&中間車のバリアフリー対応改造(車体の一部を低床化)などを実施したのち、2014年7月12日から富士急行8000系として活躍中。
車体塗装は2000系のデザインを引き継いだが、新キャラを加えた151種から選挙によって車体に貼るキャラを選択。1号車は指定席車両として改造されており、3列シート化の他、運転席後ろがミニラウンジ(画像参照)になっている。

富士急特急列車


なお、2001編成の代替車はJR東海371系改造の富士急行8500系富士山ビュー特急」(2016年4月23日運用開始)となり、「フジサン特急」の編成は減少している。
ちなみに、RSE車と371系はかつて特急あさぎり号として小田急・御殿場線使われたコンビで、数年ぶりに富士急行で再会したこととなる。

停車駅・特急料金など


関連動画



関連項目

富士急行 富士山麓電気鉄道 列車愛称
特急 富士山ビュー特急 富士登山電車 列車愛称 あさぎり

関連記事

親記事

富士山麓電気鉄道 ふじさんろくでんきてつどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フジサン特急」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6555

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました