2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

山梨県南都留郡富士河口湖町船津にある富士山麓電気鉄道富士急行線ので、同路線の終点
駅番号は「FJ18」。
2020年より、副駅名「富士河口湖温泉郷」を導入。
標高852m。

正式には河口湖線(富士山駅~河口湖駅)の終点駅であるが、富士山麓電気鉄道は大月線(大月駅富士山駅)と一体で富士急行線として運行していることから、駅番号は大月駅からの通番であり、富士急行線の終点として扱われる。

富士急行線内の全ての列車の他、JR東日本中央東線と直通する普通列車特急富士回遊も発着。

歴史

編集
1950年8月24日、富士山麓電気鉄道の駅として開業。
1997年、関東の駅百選に選定される。
2006年3月24日、駅舎リニューアル。
2015年3月14日、Suicaが利用可能になる。
2018年秋頃、1番線ホームに屋根を設置。
2020年12月18日、副駅名を導入。

駅構造

「あなたも富士山を見に来たの?」
富士急河口湖駅


島式ホーム2面3線の地上駅。
線路は西側にある引上線まで続いているため、ホーム西側に構内踏切がある。駅南側には留置線が6本ある。

駅舎は2006年に建てられた木造の駅舎で、高速バスを含めたきっぷ売場(窓口)、土産屋、喫茶店が入る。
トイレとコインロッカーも完備。
駅前にはバスターミナルがあり、各方面への路線バス、高速バスが発着している。
この他、有料駐車場と、富士山麓電気鉄道モ1形が展示されている。

のりば方面備考
1富士急行線富士山駅大月駅中央東線東京駅方面ホーム屋根は簡易的なもの
降車専用-1番ホームの2番線側
2・3富士急行線富士山駅大月駅中央東線東京駅方面

ホームは5両分しかなく、6両編成のJR直通列車は1両はみ出す。(ドアカット)
発車メロディは「ふじの山」。

留置線と駅構内を利用してイベントが多々開催されている。
毎年11月頃に「富士急電車まつり」が開催され、入場券のみで留置線での車両撮影会に参加可能だったが、2020年頃よりCOVID-19感染症拡大防止もあり中止。
代替イベントとして、少人数による有料撮影会(数千円)や、ホームに留置した車両に宿泊するイベントが行われている。

留置線には、6000系の部品取り車両として、205系2両(モハ205-10+モハ204-10)が京葉線カラーのまま置かれている。

隣の駅

富士急ハイランド駅 - 河口湖駅

※基本的に全列車が富士山駅まで各駅に停車し、特急列車も運賃のみで乗車可能。

関連タグ

 大月駅 都留市駅 都留文科大学前駅 富士山駅 富士急ハイランド駅 山梨県内の駅一覧 中央自動車道 河口湖 富士急行 富士山麓電気鉄道
フジサン特急 富士山ビュー特急 富士登山電車 富士回遊

関連記事

親記事

山梨県内の駅一覧 やまなしけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「河口湖駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 820

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました