ピクシブ百科事典

205系

にひゃくごけい

国鉄、JRが製造した通勤形電車。最後の国鉄通勤形電車系列である。
目次[非表示]

205系とは、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した通勤形直流電車。民営化後もJR東日本JR西日本で製造が続けられた。以降の通勤用車両は東日本が209系、西日本が207系(東日本のこれとは別車両)と分かれることとなり、これが事実上最後の東西の統一規格による通勤用車両となった。

国鉄としては初めて、軽量なステンレス車体と、国鉄の独自開発になる界磁添加励磁制御を採用。103系比で消費電力を3分の2に削減し、モーターの騒音も少なく、車体は無塗装とすることで保守コストを大幅に低減した。本系列は、高コストな上消費電力が予想ほど減らなかった201系の欠点を解決し、20年の長きにわたり生産された103系の真の後継系列となった。

以上の特長により本系列は、近郊バージョンと言える211系と並ぶ、国鉄最後の傑作車両と言える。

スペック

最高速度:100km/h(メルヘン一部と西日本1000番台は110km/h) 設計最高速度:110km/h
制御:界磁添加励磁制御 ブレーキ:回生・電気指令式ブレーキ 加速度:2.5~3.2km/h/s 製造年:1985〜1993年

簡単な概要

国鉄時代

老朽・陳腐化が進んだ103系を置き換えるため、1985年から分割民営化(1987年)を挟んで1991年(車輌単体では1994年)まで製造が続けられた。103系の後継車輌は既に201系1979年から製造されていたが、製造費が嵩んだため、これに替わる車輌として本系列が開発されたという経緯がある。

国鉄車両としては初の軽量ステンレス車体採用車両。この際、もともとの軽量ステンレス車体開発メーカーで唯一の同車体製造メーカーであった東急車輛製造に製造ノウハウを半ば無理矢理公開させてまで導入したという凄まじい逸話があったりする(公共事業体である国鉄としては特定メーカー以外製造できないものは導入できないため。かつてのステンレス車体採用のキハ35形900番台が量産に至らなかったのも、米バッド社が製造ノウハウを公開しなかったという理由から)。このほか、ボルスタレス台車・界磁添加励磁制御方式がいずれも本系列が国鉄初の採用例となっている(本来は211系用に開発していたものを繰上採用した)。メカニズム的には抵抗制御に逆戻りしたが、回生ブレーキとステンレス車体で消費電力は103系の3分の2と抑えられた。
軽量化やコストダウンを図るため、戸袋窓と妻面窓は廃止されている。

初期の10両編成4本(40両)は「先行量産車」と呼ばれるグループで、側窓が103系や201系のような「田」の字型の二段サッシとなっていた。このグループは2015年現在、富士急行に譲渡され6000系として活躍している。

後の量産車は、すっきりした印象の一段下降窓に改められている。これは国鉄の車両設計責任者が東急車輛製造の工場を訪問した際、同時期に製造中であった横浜市営地下鉄2000形の1段下降窓を見て、「1段下降窓の方がすっきりする。ステンレス車体なら腐食の心配もないから保守上の問題もない」として設計変更を行った経緯がある。

国鉄時代は、首都圏では山手線に103系置き換えのために、京阪神では東海道山陽本線(京阪神緩行線)に増発用として投入した。

JR化後

JR化後もJR東日本JR西日本の2社で製造が続けられた。

JR東日本では国鉄時代から継続して山手線に投入し、103系を置き換えた。
その後、他線への増備車はドア窓が天地方向に伸びて、前面上部右側に種別表示器が追加されたマイナーチェンジ車が導入。
そのほか、ドアを片側6箇所にした「6扉車」や短編成化にともなう先頭車化改造車など、様々な車種が登場している。
京葉線武蔵野線用の車輌は前面デザインが大きく変更され、電化した相模線用には乗客用乗降扉開閉ボタンなどの専用装備を持つ500番台も登場。首都圏だけでなく郊外路線にも大量投入を進めた。

JR西日本では1988年に、1000番台と呼ばれる、高速走行性能を装備して最高速度が100km/hから110km/hに向上させ、ドア窓を天地に拡大して前面デザインをマイナーチェンジした車輌を阪和線に増発用として導入。
こんな感じ↓

正面画 JR西日本205系1000番台



しかし、翌年以降は近郊型電車の221系の増備に集中することになり、1991年には新設計の207系が登場したため、僅か4両編成5本(20両)と少数派に留まった。


現状(2014年3月現在)

JR東日本

現在は 埼京線川越線八高線南武線南武支線鶴見線相模線横浜線(乗り入れ車両のみ)、武蔵野線仙石線で使用している。そのうち、新製時から10両編成を運用し続けてきた埼京線川越線E233系7000番台、横浜線に6000番台(8両編成)、南武線にも8000番台(6両編成)を投入して205系は置き換えられる。
相模線以外は他線区からの転用であり、編成短縮に伴う先頭車化改造等が行われ、武蔵野線に転用された車両の一部はVVVFインバータ制御化改造が施され、新たに番台が追加されている。その他、京葉線ではE233系5000番台に置き換えられて全車が引退し、捻出された車両の一部は編成組み換えなどの転用改造が行われ、その第一弾として宇都宮線小金井~黒磯間および日光線に投入された。先行量産車を種車とするグループは3両編成に短縮され富士急行に譲渡されている車両もある。

JR西日本

JR化後に製造された20両も含めて全て在籍。
国鉄時代に投入され、JR京都線JR神戸線JR宝塚線湖西線で使われていた0番台は、後継車輌の投入に伴い2006年に運転を終了。
編成を組み替えた上で阪和線に転属した。
当初より阪和線用として製造された高速仕様の1000番台と共に、当分は目立った動きは見られないと思われていたが、2010年12月に0番台全車両が207系・321系と同じラインカラーに貼りかえられJR京都・神戸線系統に出戻った。

RailSim2 改造205系


2012年5月にはリニューアル工事が開始され、行先表示のLED化、座席モケット張り替え、吊革の黄色・大型化等が行われている。

2013年3月で0番台はJR京都・神戸線系統からの運用を終了し、サハ205を抜いた6両編成となって阪和線に戻され、ラインカラーもスカイブルーに戻された(ただし、全面および乗務員室の扉にはオレンジのラインが追加されている)。サハ205は2015年に廃車。なお、阪和線では2017年までに225系が122両投入され、103系は一掃される予定であるが、205系の処遇については不明。

インドネシア

インドネシアジャカルタ首都圏を走るKRLジャボタベックにJR東日本より埼京線の205系が2013年11月に譲渡。JRとしては異例となる技術スタッフの海外派遣も行った上で改造が施され、Seri 205として運用を開始した。103系203系に続き3例目の国鉄型車両の導入である。
2014年度には横浜線から約170両、2015年度には南武線から約120両の205系が譲渡される。ちなみに、6扉車のサハ204はここで現役。今後数年間、E233系投入による置き換えと並行して毎年百数十両単位で譲渡される予定であり、今後のジャボタベックの主力車両となる見込みである。

関連イラスト

にぃまるご・おりじなる
相模線むすめ
ありがと、さよなら、にいまるご。
205系相模線


関連動画


関連タグ

鉄道 電車 国鉄 JR東日本 JR西日本 メルヘン顔
201系 203系 207系 209系 E231系 E233系 321系

pixivに投稿された作品 pixivで「205系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 422517

コメント