ピクシブ百科事典

207系900番台

にひゃくななけいまたはにいまるななけいきゅうひゃくばんだい

日本国有鉄道(国鉄)が製造した千代田線乗り入れ用通勤形車両
目次[非表示]

日本国有鉄道時代の1986年に製造された国鉄初(そして唯一)の営業用VVVFインバータ制御電車である。

1986年11月1日の国鉄ダイヤ改正に、常磐緩行線および乗り入れ先の営団地下鉄(現東京地下鉄千代田線の増発用という名目で、試作編成1本(10両編成)が松戸電車区(現松戸車両センター)に配置された。

鉄道誌では民営化以降は東西線乗り入れ用に増備するのでは?という声もあった。だが、営業運転を通して悪天候時に空転が多いことが判明し、1980年代当時はVVVFインバータ装置が高価で製造コストが高いことにより、量産車は登場しなかった。

なお、JR西日本1991年より新製・運用している207系とは別の形態となるが、前述の「東西線乗り入れ用に増備」という予想は図らずも当たったことになる。また、鉄道専門雑誌「鉄道ファン」では、毎年国鉄型車両の各形式の残存率を記載しているが、JR西日本の207系を同一車両としてカウントしているため、残存率が異常に高いことになっている(ただし、純粋に国鉄207系のみの残存率も併せて載せている)。

概要

車体・構造

205系を基本としたステンレス鋼製で、車内構造についても同形式を踏襲している。

205系との一番の違いは、地下鉄乗り入れを考慮して中央に貫通扉が設置されていることである。翌1987年、裾を絞っていないステンレス車体に貫通顔を持つ近郊型電車121系が登場している。本形式とは顔が似ているが、細部は異なっている。

機器等

性能比較のため、各電動車全てに異なるメーカー5社(東芝製のみ2両に搭載される)のVVVFインバータ装置が搭載されている。

台車は205系と同形式のボルスタレス台車である。

運用

203系と共通の運用で運行されてきたが、E233系2000番台の導入が発表されると同時に203系と本車が置き換えられることが決定し、2009年12月5日のさよなら運転を持って引退、翌2010年1月に廃車となった。

関連タグ

JR 国鉄 VVVF 千代田線 松戸千代

pixivに投稿された作品 pixivで「207系900番台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27258

コメント