ピクシブ百科事典

323系

さんびゃくにじゅうさんけい

JR西日本の通勤型直流電車。大阪環状線・JRゆめ咲線用として開発された。
目次[非表示]

概要

次の大阪へ……


大阪環状線改造プロジェクトの一環として、老朽化が進んでいる201系103系の代替を目的に開発され、2016年度より順次投入されている一般型車両。編成記号はLS

大阪環状線では前述の4扉車系列のほか、大和路線から221系阪和線から223系225系といった3扉車系列が直通していることから、ラッシュ時の運用に担当する車両を一定期間3扉車に統一して影響が無いか実験し、その実験で得られたデータを元に3扉車が投入されることとなった。
三大都市圏に20m3扉車が最後に投入されたのは戦前・戦中であり、戦後は輸送力増強のため一貫して72系101系といった20m4扉車が投入されたため、JR西日本が慎重になるのも当然であろう。
車両自体は225系・227系と極力共通化しつつロングシートとしたうえで、新機軸も採用したものになっている。

車両区分について

JR西日本では321系以降に新製された普通列車用の車両形式区分の第2位(十の位)の数字が「0 - 3, 5, 6」を普通列車用車両のカテゴリとして使用しているため、事実上は一般形電車となるが、本項では通勤形電車として説明する。

特徴

外見

車体はステンレス製(先頭部のみ鋼製)で、形状としては227系や225系2次車とほぼ同一。カラーリングは在来車両のイメージを踏襲したオレンジ色主体のデザインとなっており、女性専用車両となる4号車は戸袋部分が濃いピンク色になっている。8両固定編成のため、電気連結器や先頭部転落防止幌、貫通幌は搭載していない。
パンタグラフは2・5・8号車(モハ323とクモハ323)に搭載し、機器の二重系化の観点から2号車は2基設置している。車外表示機は225系2次車や227系と同じタイプのフルカラーLEDのものが設置されている。

車内

車内はロングシートであり、混雑が激しい8号車は戸袋部分の座席を無くして乗降口付近スペースを拡大し、壁部分にクッション材を備えている。
車内表示機は液晶式のものが採用されているが、321系・225系とは配置が変わり全乗降扉上と、車両連結部分に2面ずつ(片方はWESTビジョン)、合計16面が1両に搭載され、4か国語表示に対応する。
自動放送装置も搭載。

バリアフリーに関しては、これまで1編成あたり2ヶ所だった車椅子やベビーカー向けの多目的スペースが各車両に付くようになった。

機器関係

制御装置はWPC16と呼称され、主回路部はフルSiC素子VVVFインバータを搭載。
補助電源部はIGBT素子2レベルPWMインバータ(三相交流440V・75kVA)。他車の補助電源部と並列運転を行うことで、故障時に編成全体での冗長性を確保する設計となっている。
主電動機はWMT107(全閉式かご形三相誘導電動機、1時間定格220kW以上)で、駆動方式はWNドライブ。
225系や321系等と同様、0.5M方式の全車電動車。

集電装置はWPS28E(シングルアーム型。バネ上昇式・空気下降式で、大容量集電カーボン摺板、上昇検知装置、電磁カギ外し装置を備える)を搭載。
クモハ323・モハ323が集電装置設置車となっており、225系と同様の組成形態をとる。

運転台は227系と同様のグラスコックピット構造で、横軸2ハンドル式となっている。

新機軸・性能

フルSiC素子を用いたVVVFインバータ制御装置と全閉式誘導電動機、LED式前照灯とEB-N装置をJR西日本の車両で初めて採用した。
起動加速度は321系等の2.5km/h/sから2.8km/hに向上した一方、ヨーダンパとアンチローリング装置は準備工事に留められているため営業最高速度は100km/hに抑えられており、各駅停車に特化した性能となっている。

関連タグ

JR西日本 大阪環状線 JRゆめ咲線
103系 201系 221系 223系 225系 227系

E235系

pixivに投稿された作品 pixivで「323系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12958

コメント