ピクシブ百科事典

207系

にひゃくななけい

JR西日本が導入した通勤形直流電車。先に国鉄が導入した同形式車とは別車両として扱われている。
目次[非表示]

900番台との関係

日本国有鉄道が1986年にVVVFインバータ制御試験のため試作し、常磐緩行線に投入した207系900番台とは、形式が同一なだけで何の関係もない。

概要

初の同社設計による通勤形電車。主に東海道・山陽本線の普通電車や福知山線・JR東西線・学研都市線(片町線)等で運用されている。量産先行車を除いて、3両+4両で分割運用できるようになっているが、これは学研都市線の東部が4両までしか入線できなかったため(現在は解消。ただし和田岬線の代走時の土日には3両で運用されることがある)。2005年のJR福知山線脱線事故の際の車両である。

なお、カラーリングは登場時はブルーの濃淡の帯であったが、尼崎脱線事故後、遺族の感情に配慮して大幅に変更して現在の濃紺とオレンジの帯となった。なお、321系も当初は207系の初期カラーと同じカラーで登場する予定であったが、同じ理由で濃紺とオレンジ帯となった。
この塗装変更の影響は実車ばかりでなく、鉄道模型TOMIX)やゲーム(電車でGO!)にも及んだ。(鉄道模型では旧塗装の絶版、「電車でGO!FINAL」の東海道線パートのPSP移植で影響を及ぼした)
座席モケットも登場時は青色であったが、尼崎脱線事故後に緑色に変更された(321系も同様)。

最高速度は120km/hで、導入当時最速の通勤形電車である。また、登場当初から片福連絡線(現在のJR東西線)への直通運転を想定し、非常扉の設置や離線対策としてパンタグラフの2基搭載を行なっている。

最高速度120km/h
起動加速度2.7km/h/s(0番台登場時)→2.5km/h/s
減速度3.5km/h/s(常用最大)、4.2km/h/s(非常)
歯車比14:99=1:7.07
駆動装置WN駆動方式
主電動機かご形三相誘導電動機 ※出力は1時間定格
  • WMT100(0番台・155kw)
  • WMT102(1000番台1-2次車・200kw)
  • WMT104(1000番台3-4次車・220kw)
  • WMT102B(2000番台・220kw)
制御装置VVVFインバータ制御
  • WPC1(0番台・1C4M)
  • WPC4(1000番台・1C1M)
  • WPC13(2000番台・1C1M・静止形インバータ一体型)
台車ボルスタレス台車
  • WDT52・WTR235J(0番台・円錐積層ゴム式)
  • WDT55B・WTR239B(1000番台・円錐積層ゴム式)
  • WDT62・WTR245(2000番台・円錐積層ゴム+コイルバネ式)


編成・車両形式

主回路機器:0・1000・500・1500番台はVVVFインバータ・静止型インバータ、2000番台は車両制御装置

  • クモハ207形
    • 京都寄りの先頭に連結される制御電動車。パンタグラフと主回路機器を搭載。0番台は存在しない。2018年時点で、3両編成のクモハ207形は和田岬線での代走に使われる場合以外、営業運転で先頭に立つことはない。
  • モハ207形
    • 0・500番台:パンタグラフ・空気圧縮機・主回路機器を搭載する中間電動車。0番台は単独もしくはモハ206形とユニット組んで使用。0番台から改造の500番台は1500番台とユニットを組んで使用。
    • 1000・2000番台:パンタグラフと主回路機器を搭載する中間電動車。単独で使用。女性専用車両。
    • 1500番台:モハ207形500番台とユニットを組んで使用される中間電動車。1000番台からの改造車(改造時にパンタグラフを撤去)と当初から1500番台として製造された車両(登場時から乗降ドアに複層ガラス採用)がある。女性専用車両。
  • モハ206形
    • モハ207形0番台とユニットを組んで使用される中間電動車。モハ207形0番台からパンタグラフ・空気圧縮機・静止型インバータを省略。女性専用車両。
  • クハ207形
    • 京都寄りの先頭に連結される制御車。0番台のみ存在。当初から電気連結器を装備した編成は100番台と区別されたが、のちに試作編成以外の0番台にも電気連結器が装備された。1000・2000番台はクモハ207形がこの位置に連結されるため存在しない。
  • クハ206形
    • 西明石・新三田寄りの先頭に連結される制御車。0番台は試作編成のみで、すべてのZ編成・H編成は100番台が連結されている。2000番台は連結面の南側に車椅子スペースがある。2010年3月以降、4両編成のクハ106形は試運転を除き、営業運転で先頭に立つことはない。
  • サハ207形
    • 付随車。0番台は試作編成に2両のみ存在し、1000番台・2000番台はでは1編成につき1両連結されている。1000番台T1 - T14編成のサハ207形は、製造当初は6両編成に連結されていたため、空気圧縮機付きの1100番台。

編成

「#xxx」は「xxx番台」を示す。斜字は女性専用車両。
←京都・木津・奈良(学研都市線経由) / 西明石・新三田→
←奈良(おおさか東線経由。直通快速) / 新大阪→
0番台

編成
F1クハ207-1モハ207-1モハ206-1サハ207-1サハ207-2モハ207-2クハ206-1
Z1 - Z15クハ207-#0モハ207-#0モハ206-#0クハ206-#100
H1 - H16クハ207-#100モハ207-#500モハ206-#1500クハ206-#100
Z17 - Z23クハ207-#100モハ207-#0モハ206-#0クハ206-#100
1000番台
編成
T1 - T14クモハ207-#1000サハ207-#1100モハ207-#1000クハ206-#1000
  • T15 - T17
  • T19
クモハ207-#1000サハ207-#1000モハ207-#1000クハ206-#1000
S1 - S55・T18クモハ207-#1000サハ207-#1000クハ206-#1000
2000番台
編成
T20 - T30クモハ207-#2000サハ207-#2000モハ207-#2000クハ206-#2000
S56 - S57クモハ207-#2000サハ207-#2000クハ206-#2000
事故廃車された0番台Z16編成はZ1 - Z15と同じ編成だった。1000番台S18編成は事故後休車中。

歴史

1991年1月に、量産先行車として7両編成1本が登場。各種試験の後、同年4月に学研都市線で運用を開始。
同年12月以降、量産車が2代目淀川電車区(現在の明石支所放出派出所)に配置された。量産車は片町線松井山手-木津間での運用を考慮し、3両編成と4両編成に分割されている。
1993年3月には、0番台2次車が淀川電車区と、新たに福知山線用として宮原電車区(現在の網干総合車両所宮原支所)に配置された。2次車として落成した編成は、クハ207・クハ206の車番が130から始まっていることから区別できる。

1994年度以降の増備は1000番台に移行。まず1994年3月に、東海道本線向けとして6両編成・2両編成が製造され、吹田工場高槻派出所(現在の明石支所高槻派出所)に配置された。主に6両編成・8両編成で東海道本線の各駅停車に運用されていた。
1995年3月には、1000番台2次車が福知山線用として3両編成・4両編成で製造され、宮原電車区に配置された。これ以降製造される207系は、全て3両または4両編成である。
1000番台1次車と2次車以降では、ドアガラスの形態で区別が可能。また、1次車の6両編成であったT1-T14編成には、空気圧縮機を搭載するサハ207形1100番台が連結されている。

1996年5月から、開業を1997年3月に控えたJR東西線への直通運転に備え、207系全体の整理が行われた。
まず、東海道本線用の1000番台6両編成からモハ207・サハ207を1両ずつ抜き取り4両化。抜き取ったサハ207は2両編成に組み込んで3両化。
0番台の3両編成は、出力が低く東西線での運用に支障を来すことが懸念されたため、前述の6両編成から抜き取ったモハ207からパンタグラフ撤去・1500番台に改番の上で組み込み4両化した。元から組み込まれていたモハ207形0番台も、改造され車番に+500されている。同時に、0番台では2.7km/h/sであった起動加速度が、全車両1000番台と同じ2.5km/h/sまで落とされた。
それに先立って1996年3月には、1000番台3次車として4両編成・3両編成が少数と、組み込み用の1500番台が2両製造された。さらに、4両編成と併結する3両編成を確保するため、1996年7月から翌年1月にかけて1000番台4次車が3両編成28本と大量に製造された。この時点で、3両編成55本・4両編成58本・7両編成1本が在籍。

2002年からは2000番台が製造された。2002年1月と、2003年6〜8月の2次に亘って3両編成12本・4両編成11本が増備され、総勢484両が出揃っている。

福知山線脱線事故を受け、Z16編成とS18編成が運用離脱。また、2010年3月のダイヤ改正で片町線の4両編成での運用が消滅したため、T18編成を3両編成に短縮し、3両編成と4両編成の数を揃えている。
現在は7両編成1本、3両編成と4両編成のペアが67本の476両が321系と共通運用となっている。

体質改善工事

2014年より、リニューアル工事が始まっている。

  • 221系同様に前照灯がHIDランプに変更。
  • 前面カラーデザイン変更。
  • 行先表示器のフルカラーLED化(種別幕はそのまま)。
  • 車内デザインの変更。
  • 座席のバケットシート化、袖仕切りの大型化。
  • 座席定員を利用実態に合わせ7人がけから6人がけへ。
  • スタンションポールの設置。
  • 室内灯を蛍光灯カバーつきの物からコイト工業製の反射式LED灯へ交換。
  • 制御装置の電子機器更新。
など、改造内容は多岐に渡る。

福知山線脱線事故

2005年4月25日9時18分ごろ、福知山線(JR宝塚線)塚口→尼崎間で宝塚発同志社前行き上り快速5418Mが、右カーブで脱線し、先頭2両が進行方向左側にあるマンションに衝突した。事故に遭ったのはZ16編成(4両)+S18編成(3両)の7両。この7両はZ16編成先頭に学研都市線の京田辺駅まで併結した後、京田辺駅でS18編成を切り離し、Z16編成のみの4両が同志社前駅まで向かう予定だった。Z16編成の先頭車両がマンション1階の駐車場に横転して衝突し、前から2両目がマンションの側壁に衝突、3両目、4両目も脱線し、S18編成も最後尾と2両目の後ろの台車を除きすべて脱線した。
Z16編成の4両は事故当日に車籍を抹消され、復旧の際に現場で解体された。S18編成は人力で塚口駅へ回送、DD51の牽引で宮原総合運転所(現・網干総合車両所宮原支所)に搬入された。その後3両が兵庫県警に押収され、前4両の台車とともに保管された。2011年2月1日付で神戸地方検察庁が保管していた編成をJR西日本に返還した。2018年11月17日、JR西日本は解体されたZ16編成を含め保存する意向を発表した。

所属・運用

すべての車両が網干総合車両所に所属し、明石支所に配置されている。

  • 東海道・山陽本線(琵琶湖線JR京都線JR神戸線):野洲 - 加古川
    • 日中は京都 - 西明石間で運用。草津・加古川乗り入れは平日朝ラッシュ、野洲乗り入れは毎日最終電車のみ。普通電車として運転される。
  • 福知山線JR宝塚線):尼崎 - 篠山口
    • 日中は尼崎 - 新三田間で運用。篠山口乗り入れは朝晩のみ。基本的に大阪で折り返すか、JR京都線およびJR東西線・学研都市線と直通。普通電車・快速として運転される。
  • JR東西線・片町線(学研都市線)・関西本線大和路線):尼崎 - 京橋 - 木津 - 奈良
    • JR神戸線・JR宝塚線と直通運転するほか、学研都市線内のみの運用もあり。普通電車・区間快速・快速として運転される。早朝・深夜に限り木津 - 奈良間も走る。
  • おおさか東線・関西本線(大和路線):新大阪 - 放出 - 久宝寺 - 奈良
    • 毎日上下4本ずつ直通快速として運転。

関連タグ

JR西日本
東海道本線 山陽本線 JR京都線 JR神戸線 福知山線JR宝塚線JR東西線 片町線(学研都市線)
103系 201系 205系
321系 207系の後継車両。分割運用には対応していない。

207系900番台

関連記事

親記事

通勤形電車 つうきんがたでんしゃ

兄弟記事

  • 103系 ひゃくさんけいまたはいちまるさんけい
  • 209系 でんどういっとかんはしるんです
  • 205系 にひゃくごけい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「207系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47656

コメント