ピクシブ百科事典

関西本線

かんさいほんせん

国鉄→JR東海・JR西日本が運営する鉄道路線。
目次[非表示]

概要


路線名関西本線
愛称大和路線(加茂駅以西)
駅数52駅
起終点名古屋駅-JR難波駅
鉄道事業者JR東海/JR西日本
ラインカラー緑(亀山駅以東)/紫(亀山駅-加茂駅)/緑(加茂駅以西)
路線記号CJ(亀山駅以東)/V(亀山駅-加茂駅)/Q(加茂駅以西)
開業年月日1889年5月14日

名古屋駅愛知県名古屋市中村区)から亀山駅三重県亀山市)、奈良駅奈良県奈良市)などを経由してJR難波駅大阪府大阪市浪速区)までを結ぶ本線のほか、貨物支線2路線がある(貨物支線はJR貨物が運行)。路線延長179.6km(営業キロ)。大阪市内の天王寺駅から新今宮駅までは大阪環状線と重複する。

JR東海JR西日本の境界駅は亀山駅(同駅はJR東海が管理)。

もともとは民営の関西鉄道が建設した路線で、官営鉄道の東海道本線と激しい競争を繰り広げたが、1907年に国有化されてからは次第にローカル線化した。1973年に大阪側の奈良駅~湊町駅(現JR難波駅)間、1982年に名古屋側の名古屋駅~亀山駅間がそれぞれ直流電化され、ようやく都市近郊路線としての姿を整えてきた。

現在すでに全線を直通する列車はなく、名古屋駅亀山駅亀山駅~加茂駅、加茂駅~JR難波駅の3つの区間に運行系統は分かれている。このうち加茂駅~JR難波駅間はアーバンネットワークの一環をなしており、大和路線の愛称が付与されている。

又、柘植駅亀山駅は草津線直通列車を増やす為に電化する計画が存在する。
実現すれば京都駅直通列車も入る事になる。
詳しくはこちらを参照

JR東海区間に関しても名古屋駅~四日市駅間が近鉄に比べて所要時間が掛かる理由として中途半端な複線である事、伊勢鉄道が電化されていない事などが上げられる。
故に名古屋駅~四日市駅間は全線複線化が検討されている。

尚、名古屋駅~柘植駅間が電化された場合、東海道の貨物列車をこちらにシフトする事が可能になる他、関ケ原駅周辺の積雪の際の遅延防止対策になる。
又、三重県区間には工場なども多い為、そちらにシフトする事も容易になる。
但し、貨物列車の編成の長さなどから亀山駅~柘植駅及び草津線複線化の議論も必要になる。

路線

名古屋駅~亀山駅(JR東海)

駅名区間快速快速快速みえ特急南紀乗り換え路線線路備考
名古屋
  1. 東海道新幹線
  2. 東海道本線/中央本線
  3. 名古屋市営地下鉄東山線/桜通線
  4. あおなみ線
  5. 名鉄名古屋本線(名鉄名古屋駅)
  6. 近鉄名古屋線(近鉄名古屋駅)
笹島信号場
八田
  1. 名古屋市営地下鉄東山線
  2. 近鉄名古屋線(近鉄八田駅)
春田
蟹江
永和
白鳥信号場
弥富
  1. 名鉄尾西線
  2. 近鉄名古屋線(近鉄弥富駅)
ここまで愛知県
長島近鉄名古屋線(近鉄長島駅)ここから三重県
桑名
  1. 近鉄名古屋線
  2. 養老鉄道養老線
  3. 三岐鉄道北勢線(西桑名駅)
朝明信号場
朝日
富田
  1. 近鉄名古屋線(近鉄富田駅)
  2. 三岐鉄道三岐線(近鉄富田駅)
富田浜
四日市
  1. 伊勢鉄道の運行上の起点駅。
  2. 近鉄四日市駅から離れている。
南四日市伊勢鉄道と事実上の分岐。
河原田伊勢鉄道伊勢線(一部直通)
河曲
加佐登
井田川
亀山
  1. 紀勢本線(JR東海)
  2. 関西本線(加茂方面<JR西日本>)
駅はJR東海が管理。


亀山駅~加茂駅(JR西日本)

※普通列車のみの運行

駅名接続路線備考
亀山関西本線(名古屋方面)/紀勢本線(JR東海)
加太
柘植草津線草津線は電化。
新堂
佐那具
伊賀上野伊賀鉄道伊賀線
島ケ原ここまで三重県
月ケ瀬口ここから京都府
大河原
笠置
加茂大和路線(奈良JR難波)方面

加茂駅~JR難波駅(JR西日本)

大和路線を参照。

関連タグ

関西 伊勢鉄道 奈良線 片町線 桜井線 和歌山線
あすか かすが まほろば
103系 113系 201系 211系 213系 221系 313系
キハ35系 キハ75形 キハ80系 キハ85系 キハ120形

pixivに投稿された作品 pixivで「関西本線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9394

コメント