ピクシブ百科事典

キハ75

きはななじゅうご

JR東海の気動車
目次[非表示]

JR東海が投入した一般形気動車。国鉄から承継したキハ58キハ65を快速や急行列車に使用していたが、それらの車両の老朽化に伴う置き換えを目的として設計・製造された。
1993年に登場し、1998年に運用路線の拡大、増備が行われた。全車が日本車両製である。

仕様・番台区分

0・100番台、200・300番台、400・500番台が存在し、2両で1編成を組む。しかし設計上は1両単位にバラして増結できる。そのためか編成番号が設定されていない。もっともJR東海の気動車で編成番号が設定されているのはキハ25だけだが。

エンジンはカミンズ社製のC-DMF14HZB(350馬力)を1両に2基搭載し、2両で1400馬力を出す。おかげで気動車なのに電車並みの加速性能を発揮できる。最高速度は120km/h。

0・100番台

第1次車として登場。2両編成6本が存在し0番台と100番台で編成を組む。
座席は転換クロスシート(ドア付近のみ固定)を採用し、シートピッチは940mm。車体の長さが電車に比べて1.3m長いため311系と同じ座席数を実現しながらシートピッチを広めにできている。
主に快速みえで使われるが電化開業前の武豊線でも使われていた。

200・300・400・500・3200・3300番台

第2次車として登場。200番台と300番台、400番台と500番台で編成を組む。
座席は1次車と変わらないが、シートピッチを910mmに詰めドア付近のスペースを拡大している。また正面貫通扉上に前照灯が増設されている。
400・500番代はワンマン機器を搭載している。
3200・3300番台は200・300番台をワンマン運転対応、耐寒仕様に改造した車両。

運用

普段は快速みえや、高山本線太多線の普通列車で運用されている。臨時列車として飯田線中部天竜駅まで、紀勢本線熊野市駅までの入線実績を持つ。
2015年の武豊線電化後、一部の車両は高山本線と太多線を受け持つ美濃太田車両区へ転属したが、一部の車両は週末になると快速みえの応援に出る。
美濃太田所属車の中には3両編成を組んでいる車両もある。

関連項目

JR東海 キハ25系 313系 311系

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ75」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2945

コメント