ピクシブ百科事典

キハ285系

きはにひゃくはちじゅうごけい

世間情勢に巻き込まれて開発中止に追い込まれたJR北海道の特急形気動車。
目次[非表示]

開発の背景

当時のJR北海道は、より高速・高効率な特急形気動車の開発を目指していた。具体的な新技術としては、振り子装置と車体傾斜装置を併設した「複合車体傾斜システム」、加速時にモーターで駆動力を補う「MA式ハイブリッド駆動システム」が挙げられる。

このうち後者に関しては、キハ160形気動車を改造して実験が行われた。そして、これら新技術を盛り込んだキハ285系車両の設計・制作も、2011年4月より着手された。

車両概要

キハ281系から続く高運転台構造の運転台を持つが、前面がやや下膨れ状の形状になり、ホイッスルが車体両側に移るなど、これまでの特急車とも印象が異なる。また、複合車体傾斜システムの採用で傾斜角が8度にも達するため、側面の絞り込みが非常にきつい。

配色に関しては青の太帯と萌黄色の細帯を配したシンプルなデザインである。2014年9月末に試作車が落成、今後10年で160両を増備する計画だった。

開発中止、そして...

ところが、ご存知の通り開発期間中にJR北海道は幾度もの不祥事を起こしており、結果としてスピード重視から安全性重視に方針転換せざるを得なくなった。キハ285系はこの方針とは完全に相反する存在であり、結局試作車落成直前に開発中止が発表されている。なお、同時期にはMAハイブリッド試験車のキハ160形も解体された他、DMVも営業投入の中止が発表されている。

結局、特急車両の増備はキハ261系に切り替え。JR北海道の特急型気動車は今後2020年代までにキハ261系へ統一する見込みで、すでに落成したキハ285系3両の試作車は総合検測車に転用改造を検討していたが、改造費用が大幅に掛かることから検測車への改造を断念。

車両は2015年3月31日付で除籍(廃車)となった。その後も車両の活用法について再検討が行われていた(苗穂工場にて保管)が、車両は2017年3月中に解体され、次世代型特急形気動車は幻となって消え、結果的に開発費25億円をドブに捨てた事になった。

関連タグ

JR北海道 キハ281系 キハ283系 キハ261系
E331系

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ285系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7072

コメント