ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

JR宗谷本線・JR石勝線系統の特急列車高速化に対応した車両として開発された。

これまでJR北海道が開発した特急用気動車としては、「スーパー北斗」用のキハ281系や、「スーパーおおぞら」等向けのキハ283系があり、いずれも制御付自然振子機構を搭載し、曲線区間での大幅な速度向上を実現した高性能車両であったが、寒冷地向けに特化した複雑な車両構造等の要因もあり製造・保守コストが高額であった。

本系列については、「北斗」・「おおぞら」両系統よりも大幅に輸送需要の小さい宗谷本線系統の高速化に際して開発されたことから、本格的な制御付振子機構ではなく、先に通勤型車両キハ201系気動車で実用化されていた車体傾斜装置を搭載することとし、その他エンジンなどの基本構造もキハ201系気動車をベースとするなど、製造コスト低減を図っている。

なお、軌道や車両への負担軽減、機器トラブルの防止を目的として、2015年以降の落成車は車体傾斜装置を搭載せず、以前に落成した車両も装置の使用を取りやめている。

使用列車

0番台

さいはて特急



0番台は宗谷本線の高速化のため開発。2000年運行開始。後述の1000番台との混結は出来ない。
この車両は北海道や沿線自治体が出資する第三セクターである北海道高速鉄道開発が保有しており、JR北海道がリースして運行している。
ただし、2001年に増備されたSE-104編成はJR北海道の自社保有であり、細部に違いがある。
当初は先頭車側面に「Tilt261」のロゴを付けていたが、現在は車体傾斜装置の使用停止などに伴い「HET261」へと変更されている。
2017年3月以降は宗谷本線系統の定期特急が同系のみに統一。それとほぼ同時にリニューアル工事が行われており、側面窓ポリカーボネートの張り替え、方向幕のLED化などが行われている。

1000番台

キハ261系1000番台
traveling



1000番台はキハ183系気動車の置き換え用。2007年運行開始。当初はJR北海道ではおなじみの青と黄緑色のパターンカラーでドア窓付近がエゾスカシユリをイメージしたオレンジ色という塗装だった。
先頭車のロゴは0番台と同様当初は「Tilt261」だったが、車体傾斜装置の省略された2015年度増備車からは「HET261」となった。それ以前の車両も車体傾斜装置使用停止の上、ロゴが変更された。(一部には変更されずに直接新塗装化された先頭車もいる)
現在は帯が紫、貫通扉付近が黄色、白を基調とした塗色へ変更している。なお、2016年度増備車からは当初から新塗装で落成している。

今後の予定

2018年度から2022年度にかけ、1000番台が新たに67両(7次車)製造される。7次車はキハ183系(N・NN183系)、キハ281系、キハ283系(一部)の置き換え用として導入される。
最終的には道内のすべての気動車特急列車を本系列を主体とする予定。

さらに、2020年秋頃に観光列車向け、リゾート車両置き換え用の「多目的特急車両」として5000番台車を5両編成で2編成製造することが発表された。
車両デザインは北海道の代表的な花である「はまなす」「ラベンダー」をイメージしたものとなっている。

関連項目

JR北海道 気動車ディーゼルカー キハ281系 キハ283系
789系:キハ261系1000番台は車体構造を789系とほぼ同一とした。

関連記事

親記事

気動車 きどうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ261系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42681

コメント