ピクシブ百科事典

スーパー宗谷

すーぱーそうや

ここでは、JR北海道の特急列車「スーパー宗谷」、「宗谷」、「サロベツ」について解説。
目次[非表示]

概要

2000年3月改正~2017年3月改正

スーパー宗谷サロベツ
運行区間札幌稚内同左
運行路線函館本線/宗谷本線同左
車両キハ261系4両(札幌運転所)キハ183系3両(札幌運転所)
列車名の由来宗谷岬サロベツ原野


2017年3月改正~

宗谷サロベツ
運行区間札幌稚内旭川~稚内
運行路線函館本線/宗谷本線宗谷本線
車両キハ261系4両(札幌運転所)同左
列車名の由来宗谷岬サロベツ原野


列車概要

札幌旭川と道北を宗谷本線経由で結ぶ特急。走行距離は396.2kmにおよび、気動車特急では最長距離となっている。
以前は両列車とも札幌~旭川~稚内の運行で運行車両によって名称を分けていたが、2017年からは運行区間によって名称を分けている。
なお、これらに使用されているキハ261系は特急「スーパー北斗」や特急「スーパーとかち」で使用されているもの(1000番台)とは違い、専用の0番台である。

歴史

宗谷」は1960年に準急として運行を開始し、翌年より急行として運行。「サロベツ」は1992年に急行「宗谷」1往復が名称変更して運行開始。そして2000年に急行「宗谷」と急行「礼文」が統合され特急「スーパー宗谷」としてキハ261系で運行開始し、「サロベツ」もキハ183系で特急化された。この時点では使用車両の違いで列車愛称を区別しているだけであり、停車駅に差はない。

2016年3月を以って今まで在来線昼行特急最長であった大阪駅発着のしなのが廃止された為、にちりんシーガイアの411.5kmに次ぐ2位に浮上する事となった。ちなみに運賃計算キロ基準の場合だと、電車を含めても在来線昼行特急で最長となる(運賃計算キロ基準の場合422.1km。前述のにちりんシーガイアは全て幹線経由である為、411.5kmで変化しない)。

2017年3月ダイヤ改正で3往復中2往復が旭川発着に短縮され、旭川でライラックに同一ホーム連絡する体制となった(連続して利用すると運賃・特急料金は通しになる)。そして札幌発着の1往復が宗谷、旭川発着の2往復がサロベツとなり、車両は両列車ともそれまでのスーパー宗谷用のキハ261系になった。

過去にはキハ400系気動車が「サロベツ」に使用されていた。

利尻



関連タグ

JR北海道 宗谷 サロベツ 特急
スーパー北斗北斗 スーパーおおぞら スーパー白鳥 スーパーカムイカムイ(列車) オホーツク ライラック(列車)

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパー宗谷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2105

コメント