ピクシブ百科事典

キハ183系

きはひゃくはちじゅうさんけい

国鉄が設計した特急型気動車。JR北海道とJR九州が所有。
目次[非表示]

概要

1961年から特急列車として使用していたキハ80系が北海道の雪と寒さに耐えられなくなってきたため、これらを置き換えるために1979年から製造された。置き換え後はスピードアップに重点が置かれ、何度かモデルチェンジが行われながらJR北海道になった後も製造が行われた。
なお、JR九州も本形式を保有している。

JR北海道のキハ183系

900番台

1979年に製造された試作車。
形態的には後述する0番台とあまり変わらないが、当初は一部の窓が開閉式だった。

0番台

1981年から製造された量産車。先頭車はスラントノーズといわれる非貫通の高運転台となっている。

100番台

鉄面画 JR北海道キハ183系100番台オホーツク


キハ183形100番台は特急列車の短編成化によって余剰となったキハ184形を先頭車改造した車両。こちらは貫通型となっているが、ライトの配置は0番台に準じている。通称「ボウズ」「キン肉マン」。

とっきゅう♪きはいっぱーたん


キハ182形100番台は特急「おおぞら」の途中駅での分割併合に伴い、中間車のキハ182形に回送用運転台を新設したグループである。
回送用とはいえ本線運転が可能な本格的な運転台が設置されていたため、速度制限を受けることなく使用できた。

200番台

再会


特急「オホーツク」「スーパーとかち」において、編成の出力を向上させるために0番台の駆動系の強化を行った車両。

500番台・1500番台(N183系)

北国の特急。


最高速度を120km/hに向上させたフルモデルチェンジ車(0番台は110km/h)。
外観が大きく変わり、先頭車は貫通構造になった。また塗装もオレンジと赤を基調としたデザインとなり、のちに0番台なども同色に変更されていた。のちに一部車両は青基調のデザインへ変更。

400番台

「とかち」系統で運用していた500番台を団体列車などの波動輸送用とするためにエンジンの出力を落とした車両。
これにより函館運転所の波動用の0番台を置き換えたが、現在は苗穂運転所に転属し、「オホーツク」「大雪」に運用されている。

550番台・1550番台(NN183系)

JR北海道が製造した500番台のマイナーチェンジ車。130km/h運転に対応した準備工事が行われている。このうち中間車キサロハ182形550番台は、特急「スーパーとかち」用の2階建て車として登場。

2550番台・3550番台・4550番台

北斗


特急「北斗」が130km/h運転を行うための対応改造を施し、550番台・1550番台との区別のために改番した。
また、4550番台は予備車確保のため、120km/h・130km/h両方に対応できるよう改造された車両である。こちらは先頭車キハ183形のみ。

7550番台・8550番台・9550番台

2013年に発生した発火事故を受けて、上記の「北斗」用の車両のエンジンなどを更新した車両。
キハ261系と同等のエンジン(460PS)を搭載している。先頭車はパワーアップ(元は330PS)したが、中間車はパワーダウン(元は660PS)した。その結果、編成全体としての出力は下がってしまった。
その後「北斗」からは撤退し、2018年7月からは「オホーツク」系統で運用されている。

現在の動向

火災事故

2013年に特急「北斗」で運用中のキハ183系の床下から出火する事故が発生している。
このことに関して、DML30H系エンジンの設計上の不具合(詳しくはキハ181系の項目で)を上げる向きがあるが、該当するキハ182形2550番代(2257号)の搭載するDML30HZ系はJR化後にシリンダーヘッドを変更して直噴化しインタークーラーを取り付けた改良型(初期型のDML30HSのトラブルの原因の一つが予燃焼室式かつインタークーラーの省略による燃焼遅延によるもの)であり、さらに550番代→2550番代への改造に際してエンジンの補機類を一部変更している

さらに遡って2011年にはより新しいキハ283系石勝線の『スーパーおおぞら』で火災事故を起こしているこれらの事故は部品脱落・折損が原因であり、DML30H系エンジン搭載車はその製造時期からそのリスクが高まっているとは言え、根本的な原因は整備不良である
JRグループ他社(JR西日本JR四国JR九州)のDML30H系エンジン搭載車がこの種の火災事故を起こしたことはなく、同エンジンの原設計が原因とはいえない。

廃車

製造後30年が経過し、老朽化のためキハ261系による置き換え・廃車が行われている。とはいえ、冷房つき車両であったことから一部車両はミャンマー国鉄へ活躍の場所を移している。
2018年3月のダイヤ改正では特急「北斗」運用が終了し、この時点で残っている定期運用は特急「オホーツク」「大雪」のみとなった。

JR北海道のジョイフルトレイン

団体専用もしくは臨時列車として運用されるジョイフルトレインはJR化後に新製されたものが3編成存在。

5000番台「ニセコエクスプレス」

1988年に登場した北海道リゾート列車第4弾。3両編成、最高速度120km/h。
その名の通り、かつては主にニセコ方面の臨時特急に使われた。一時期北海道日本ハムファイターズのロゴをあしらったカラーに変更され、臨時特急「ファイターズ号」などに使われていたこともあった。2017年退役。

5100番台「クリスタルエクスプレス トマム&サホロ」

1989年に登場した北海道リゾート列車第5弾。4両編成(デビュー時は3両編成)、最高速度120km/h。
中間には2階建て車のキサロハ182-5101を連結している。展望の良さを売りにして、先頭車はパノラマカー方式の展望席を、それ以外の客室はハイデッカー構造を採用した。

5200番台「ノースレインボーエクスプレス」

1992年に登場した北海道リゾート列車第6弾。5両編成(デビュー時は3両編成)、最高速度130km/h。
5100番台のハイデッカー構造と2階建て車両が踏襲された。従来のキハ183系とも併結できる構造になっている。青函トンネルを機関車牽引で運行できる対策がなされており、ED79の牽引で本州乗り入れの臨時列車運用に就いていた。片方の先頭車が踏切事故で離脱した際には代用としてキハ183-1を使っていたことがあった。

6000番台

500番台・550番台から3両が改造されたお座敷車両。時々定期列車に連結されていた。5200番台同様青函トンネルを機関車牽引で運行できる。
2015年3月31日付で中間車のキハ182-6001が除籍。さらにその後5月にキハ183-6001がHET色に塗装変更された。さらに残りのキハ183-6101も2017年11月もHET色になっている。

0番台改造「旭山動物園号

短時間挑戦 1660


「行動展示」などで全国から注目を集めていた旭山動物園へのアクセス列車として改装。2018年退役。

JR九州のキハ183系

短時間挑戦 1527


1988年に1編成のみが登場。性能はJR北海道車と同じであったことから、車両形式は「キハ183系1000番台」となった。デビュー当時は3両編成であったが現在は4両編成。5100番台よりも1年早く先頭車はパノラマカー方式の展望席が採用された。

オランダ村特急」として登場後、「ゆふいんの森」⇒「シーボルト」⇒「ゆふDX」と転用改造を繰り返され、2011年6月からは豊肥本線の観光特急「あそぼーい!」として運用されている。

~番代の車輌 ~キハ183系1000番台「オランダ村特急」


なお、485系との協調運転が可能な設計となっており、実際にオランダ村特急としての運行時には鹿児島本線内で特急「有明」の485系と併結して運転されていた。

関連タグ

183系 キハ281系 キハ283系 キハ185系
特急 JR北海道 JR九州 気動車 ディーゼルカー
おおぞら 北斗 北海 おおとり オホーツク 大雪 サロベツ まりも

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ183系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25294

コメント