ピクシブ百科事典

キハ58系

きはごじゅうはちけい

国鉄が設計・新製した急行形気動車の形式グループの総称。
目次[非表示]

概要

 鉄道車両の系列の一つで、国鉄急行気動車の形式グループ(キハ58形・キハ28形・キロ58形・キロ28形)の総称である。
 なお、あくまで便宜的・趣味的に用いられた呼称であり、正式の系列名ではない
 1961年から1969年にかけて新製され、日本国内各地に投入され急行・快速普通列車に幅広く運用された。特殊仕様を付加された車両(北海道向けキハ56系、碓氷峠対応のキハ57系)を含めた広義のキハ58系グループ全体では実に1,823両が新製された。最盛期にはこのグループ全体で国鉄の保有・運用する気動車の約3割を占めたことすらある。

形式区分

北海道向け本州向け碓氷峠対応
1エンジンキハ27キロ26キハ28キロ28キロ27
2エンジンキハ56キハ58・キロ58キハ57


廃車と運用終了 

 国鉄時代末期には急行列車の特急格上げ・快速格下げによる減少からローカル列車での運用が次第に増え、初期車両には廃車も出たがそれでも1987年の国鉄分割民営化に伴いJR旅客会社各社に全体の約2/3が承継された。中にはジョイフルトレインに改造された車両も存在する。
 21世紀に入ってからは老朽化とアスベスト問題および後継車両の登場により廃車が進んでおり、2007年6月30日限りで芸備線の急行「みよし」が廃止されたことで本来の用途である急行列車での定期運用は終了した。
 そして、2011年3月11日をもって、JR西日本地区を最後に定期運用から完全に撤退した。
 2012年、そのJR西日本に残っていたキハ28いすみ鉄道が引き取り、既に入線しているキハ52の増結車輌として運用されることになった。

現在

 2014年11月現在、JRで稼働状態で残っているキハ58系は、JR東日本のジョイフルトレイン「Kenji」に改造された3両のみとなっている(他にもJR九州の観光特急「ゆふいんの森」で運用されているキハ71系も、中間車はキハ58の台枠・機器を流用した改造車である)。

国鉄以外のキハ58系

 大量に製造されたキハ58系は全体から見れば少数ではあるが、私鉄(民鉄)や第三セクターでも運用された実績がある。

富士急行

 当時キハ58系で運転されていた中央本線の急行「アルプス」に併結する形で運転された急行「かわぐち」用の車両として富士急行が製造した同型車が存在する(国鉄以外が製造したキハ58系列はこの車両のみ)。
 3両が製造されたが、そのうちの1両であるキハ58003は予備として用意された両運転台車である(後にJRにも両運転台改造車が登場したが、新造時から両運転台車なのはこの1両のみ)。
 後に有田鉄道に譲渡され、エンジンを1機下ろした上で運用された(実質的にキハ28と同性能)。またJR西日本からもキハ58 136が譲渡されている。
 キハ58003が路線廃止まで在籍しており、現在は「有田川町鉄道公園」に動態保存されている。

北近畿タンゴ鉄道(現:京都丹後鉄道)

 JR西日本からキハ58、キハ28が2両ずつ、計4両が譲渡され、そのうちの2両は「エーデル」と同じ形をした展望席が取り付けられた。
 この車両は「レインボーリゾート」と呼ばれ、「タンゴエクスプローラー」の補完的な用途に使われたが、「タンゴディスカバリー」に置き換えられて廃車された。

いすみ鉄道

 JR西日本で運用されていたキハ28 2346を2012年に譲り受けたもの。
 その前に譲渡されていたキハ52 125と編成を組んで運用され、増結車として運用される(イベント列車の車両にも使われる)。

関連タグ

国鉄 気動車 急行
キハ58:表記揺れ。

グループ系列


派生系列


富士急行 北近畿タンゴ鉄道 いすみ鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ58系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22174

コメント