ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

京都丹後鉄道

きょうとたんごてつどう

京都丹後鉄道とは、高速バス事業者「WILLER」の子会社、「WILLER TRAINS」が運行する鉄道の愛称。
目次 [非表示]

概要

2015年平成4月1日付で第三セクター北近畿タンゴ鉄道」(KTR)から列車の運行、乗車券等の販売等の事業を譲受。「WILLER TRAINS」は第二種鉄道事業者、「北近畿タンゴ鉄道」は第三種鉄道事業者となった。本社は京都府宮津市


路線

宮福線

旧・日本鉄道建設公団が建設していた路線である宮福線福知山駅宮津駅間、営業キロ30.4km)の営業を引き受けたもの。1988年昭和63年)7月16日に宮福鉄道(北近畿タンゴ鉄道の前身)の路線として新規開業。1996年(平成8年)3月16日に全線電化され、JR西日本山陰本線福知山線から特急列車が直通運転されている。


宮津線(宮舞線・宮豊線)

旧・国鉄特定地方交通線として廃止対象となったJR西日本宮津線西舞鶴駅豊岡駅間、営業キロ83.6km)を承継したもの。1990年(平成2年)4月1日にJR西日本から北近畿タンゴ鉄道へ転換。宮福線の全線電化時に宮津駅~天橋立駅間が電化されている。

WILLER TRAINSに移管された後は西舞鶴駅〜宮津駅間(営業キロ24.7km)に「宮舞線」、宮津駅〜豊岡駅間(営業キロ58.9km)に「宮豊線」の愛称が付けられている。


車両

車両は保有しておらず、北近畿タンゴ鉄道から有償で借り受けている。全て気動車

下記車両の他、JR西日本から287系289系電車が特急「はしだて」として乗り入れ、また電化されている宮福線には2往復のみ113系115系電車の2両編成が使われる。


北近畿タンゴ鉄道の保有車両

KTR001形

1990年登場の特急形車両。3両編成2本が製造されたが、2013年以降は定期運用がなく予備車扱いとなっていた。

愛称「タンゴエクスプローラー」。詳細は当該記事を参照。


KTR700形・800形

路線開業時に投入された宮津線(宮舞線・宮豊線)の普通列車・観光列車用車両。

KTR700形は9両が在籍。同じ車体でトイレのないKTR800形も3両在籍する。詳細は当該記事を参照。


KTR8000形

1996年登場の特急形車両で2両編成5本が在籍する。

愛称「タンゴディスカバリー」。2017年までに全編成が「丹後の海」にリニューアルされた。詳細は当該記事を参照。


KTR8500形

JR東海の特急「ひだ」「南紀」で使用していたキハ85系を譲受し、形式名を変更した。KTR001形の老朽取り替え目的の導入のため、あくまでKTR8000形の予備車扱い。詳細はキハ85系を参照。


MF100形・200形

宮福線が「宮福鉄道」としての開業した時の普通列車用車両で6両が製造された。キハ40系およびKTR700形との併結も可能。

2019年に後述のKTR300形が登場したが、廃車はまだ出ていない。


KTR300形

宮福線向けの普通列車用車両。京都丹後鉄道移管後初の車両で、MF100形・200形の代替目的で2019年から2022年までに5両が投入される。

なお、ブレーキ方式が異なるため、従来車両との併結はできない。


鉄道むすめ

但馬みえ

みえさんとみえさん

これまで、北近畿タンゴ鉄道の鉄道むすめを務めていた但馬みえは、現在同社所属と考えられるが、2022年現在まで新制服姿(上記イラスト・右側の制服)で登場していない。


関連タグ

天の橋立/天橋立 はしだて丹後/タンゴ 鉄道 WILLER

関連記事

親記事

WILLER うぃらー

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51239

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました