ピクシブ百科事典

KTR700形

けーてぃーあーるななひゃくがた

「北近畿タンゴ鉄道」が保有、「WILLER TRAINS」で使用されている一般型気動車である。ここでは類似車両の「KTR800形」についても紹介。
目次[非表示]

KTR700形

1989年北近畿タンゴ鉄道宮津線転換開業の時に導入された気動車である。製造は富士重工業第三セクターの普通列車用では珍しい20m車両である。車内には転換クロスシートが並ぶ。両運転台車が9両在籍。

KTR800形

KTR700形と同時期に登場。製造は富士重工業。KTR700形とはほぼ同一仕様であるがトイレを装備していない。両運転台車が3両在籍。

運用

通常は単行で運用され、通勤通学時には2両編成で、超多客期には車掌乗務の上3両編成で運用される。また、列車によっては宮福線のMF100形MF200形と連結することもある。

「あかまつ」「あおまつ」「くろまつ」「コミューター車両」

北近畿タンゴ鉄道・丹後あかまつ・あおまつ号(2)


近年ではKTR700形、KTR800形とも車両のリニューアル工事を実施しているが、このうち702号、703号、707号、708号、803号の5両については大規模な改装を実施した。デザイナーは水戸岡鋭治氏。

  • KTR702「あかまつ」:観光列車。定員制で別料金が必要。
  • KTR708「あおまつ」:観光列車。自由席。
  • KTR707「くろまつ」:レストラン列車。予約制。
  • KTR703・803「コミューター車両」:普通列車で使用されるが、「あかまつ」号の自由席として連結。大規模改装をしたものの観光向けではなく、転換クロスシートが並ぶ。

関連項目

北近畿タンゴ鉄道 京都丹後鉄道 気動車ディーゼルカー 700形800形
水戸岡鋭治 ドーンデザイン研究所水戸岡鋭治デザイン

pixivに投稿された作品 pixivで「KTR700形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316

コメント