ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

鉄道車両の形式の一つ。ここでは代表的な車両を取り上げる。


京浜急行電鉄 800形

初代800形は→旧1000形

だるまさんたち。【再】

※右側の車両。

2代目800形は→京急800形


新京成電鉄 800形

新京成8900・800系(※画像下)

新京成電鉄1971年から投入した通勤形電車。

同社としては初の完全自社新製車であり、初の高性能車両であった。

2010年7月に営業運転から引退。なお、1991年に8両編成1本が北総開発鉄道に譲渡され、北総線~新京成線直通運用に使用されたが、1992年に新京成線との直通運転が廃止されたため新京成電鉄が再び買い戻した。この北総に一時譲渡された編成が800形で最後まで残った編成となった。


新京成電鉄 N800形

【HD新京成03】京成3000形の弟分【N800形】

2005年に登場した新京成電鉄の通勤形車両。京成電鉄への片乗り入れに備えて6両編成で登場、2018年製造のN858編成をもって製造を終了した。6両編成5本が在籍。見た目は京成3000形の色違い。


名古屋鉄道 モ800形

【HD名鉄13】名岐優等列車のエース【800系】【HD名鉄55】悲運の超低床LRV【モ800形Ⅱ】

名古屋鉄道では「初代800形」「二代目800形」の2種類が在籍していた。

初代は1935年に当時の「名岐鉄道」が導入した、モ800形・モ830形・ク2310形からなる「800系」のうちの1形式。二代目は路面電車車両で、2000年に3両が導入された単行型の部分低床車。

モ800


土佐電気鉄道→とさでん交通 800形

山口県下関市で路面電車の営業を行っていた山陽電気軌道から1971年に5両が移籍(製造は1959年)。1997年から1999年には冷房改造を実施。

2014年10月1日付で運営会社が土佐電気鉄道からとさでん交通へ移行。


熊本市交通局 0800形

2008年に熊本市交通局(熊本市電)に登場した、9700形に次ぐLRV車両。2連接構造。

0801号と0802号は試運転を経て2009年運行開始。塗装は白と赤紫で、正面の窓下に紺色が入る。

0803号は2014年運行開始。外装は、ヘッドライトを従来車とは位置や形状を変更し、濃茶メタリックの塗装に金色のシンボルマークやロゴを配している。デザインは水戸岡鋭治氏が担当。0803号の車両愛称は「COCORO」。


江ノ島鎌倉観光 800形

江ノ島電鉄(江ノ電)が、前身の「江ノ島鎌倉観光」時代に保有していた電車。上田丸子電鉄(現在の上田電鉄)より移籍。

江ノ電800形


ユニオン・パシフィック鉄道 800形蒸気機関車

アメリカのユニオン・パシフィック鉄道において、1937年から1944年の間において製造された蒸気機関車。車輪の配置から『FEF』と呼ばれ、製造時期によって『FEF-1』、『FEF-2』、『FEF-3』の3種類がある。

車両番号『800』を先頭に45両が製造され、1962年に『844』が車籍を失うことなく動態保存に移行し、21世紀の現在に至るまでイベント列車牽引用として使用されている。


関連タグ

800系 鉄道車両の形式の一覧 鉄道車両 電車

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21778

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました