ピクシブ百科事典

目次[非表示]

路線データ

路線延長39.8km
軌間1067mm
駅数23駅(起終点駅を含む)
複線区間
  1. 梅坪駅 - 豊田市駅
  2. 知立駅 - 重原駅
  3. 刈谷駅 - 刈谷市駅
電化区間直流1500V
閉塞方式自動閉塞式
交換可能駅平戸橋駅吉浜駅高浜港駅碧南中央駅を除く各駅
最高速度90 km/h(三河知立駅 - 若林駅間)


概要

名古屋本線知立駅を軸に南北方向へ分岐する路線で、便宜上北へ分岐する路線を山線、南へ分岐する路線を海線と呼ぶ。
実は名鉄で名古屋本線に次いで長い路線長を持つ。

尚、知立駅高架化に際して、知立駅~豊田市駅を複線化する計画が存在する。
これは豊田市名駅の直通列車を作る事を目的としている為である。
尚、知立駅高架化後は三河山線・海線の直通列車も登場する予定。
その他、知立駅高架化や三河山線複線化に伴い、土橋駅は2010年(平成22年)3月27日に橋上駅舎化して、待避線が増線可能な構造に改良された。
更に若林駅付近は島式2面4線化した上で、複線高架化される予定である。
但し、知立市側が高架工事などの計画変更で三河知立駅三河八橋駅までは単線状態のままであり、その区間の複線化が難航している。
更に、三河知立駅は知立駅高架化と共に駅自体を高架化しない為、高架化後同時に駅を移転までされてしまう。

また、三河山線複線化完成後は豊田市駅から名古屋方面に向かう特急運行が予定されている。
豊田市駅知立駅間の途中停車駅は土橋駅のみとなる。
さらに特急運行に際して豊田市駅の島式2面4線化が計画されている。

山線

知立駅から北方向へ分岐し、豊田市駅梅坪駅を経て猿投へと向かう路線。
自動車産業の盛んな豊田市の中心部を貫く。
途中の梅坪駅から名古屋市営地下鉄鶴舞線と直通し犬山線上小田井駅までを結ぶ豊田線が分岐し、そこからの列車が乗り入れる関係上、梅坪~豊田市間は複線となっている。

駅一覧

駅名乗り換え路線備考
猿投
平戸橋
越戸
梅坪豊田線
豊田市愛知環状鉄道(新豊田駅)
上挙母愛知環状鉄道(新上挙母駅)
土橋
竹村
若林
三河八橋
三河知立
知立名古屋本線


海線

知立駅から南方向へ分岐し、東海道本線と接続する刈谷駅を経由し碧南へと向かう路線。知立-重原間、刈谷-刈谷市間が複線だが、列車の離合は殆ど見られない。

駅一覧

駅名乗り換え路線備考
知立名古屋本線
重原
刈谷東海道本線(JR東海)
刈谷市
小垣江
吉浜
三河高浜
高浜港
北新川
新川町
碧南中央
碧南


廃線区間

山線

山線は現在の終点である猿投駅から更に北の西中金駅まで路線が伸びていたが、1985年からは電気運転を中止してレールバスへ置き換えられた。その後も赤字を垂れ流す名鉄にとってお荷物であることに変わりはなく、2004年4月1日に廃線となった。西中金から先、足助町香嵐渓までの路線延長計画もあったがそれは叶わなかった。因みに電気運転時代は他のレールバス置き換え路線がロングシートの単行運転が殆ど(海線も同じ)だったのに対し、同線区はクロスシート車両が最期まで運転されていたが、これは香嵐渓への観光路線として栄えていた時代の名残でもあったという。

駅一覧

駅名接続路線備考
猿投駅は現存。
三河御船
枝下
三河広瀬
西中金


海線

海線は碧南駅から更に先、西尾線蒲郡線の境界駅である吉良吉田駅まで路線が伸びていた。こちらも1990年よりレールバスへ置き換えられ、2004年4月1日に廃止された。
三河楠-寺津間にあった楠高架橋(寺津高架橋とも呼ばれる)は三河南部から中部国際空港へのアクセス道路となる県道衣浦岡崎線への踏切設置を避けるためにおよそ21億円の費用で建設されたもので、完成からわずか6年ほどしか使われなかった悲運の高架橋であり、西尾市の名鉄への不信感の原因ともなっている。

駅一覧

駅名接続路線備考
碧南駅は現存。
玉津浦大浜臨港線運送(1959年12月3日廃止)
棚生
三河旭
中畑
三河平坂名古屋鉄道:平坂支線(1960年3月27日廃止)(平坂口駅)
三河楠
北寺津1969年4月25日廃止。
寺津
西一色
三河一色
松木島
吉良吉田
  1. 西尾線
  2. 蒲郡線
駅は現存。


関連項目

名古屋鉄道 豊田市 知立市 碧南市 豊田線 愛知環状鉄道 知立駅

外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

名古屋鉄道 なごやてつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三河線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1949

コメント