ピクシブ百科事典

豊田市

とよたし

愛知県の市。中核市。トヨタ自動車の本社がある。
目次[非表示]

概要

愛知県北部西三河地方にある市。人口42万人。
トヨタ自動車の本社(豊田市トヨタ町)がある企業城下町としてその名が知られており、県下で人口は名古屋市に次いで第2位。総面積は県内最大を誇る。

自然環境と文化資源に恵まれている。中心部にはビル群が建っているが市域の大部分は山林で、景勝地、寺社仏閣、鄙びた農村棚田も多く残されている。

歴史

中心部は挙母(ころも)にあり、1951年に市制を施行した時は挙母市だった。
1959年に現在の豊田市に改称した。この豊田市という名前はトヨタ自動車と創業者一族の豊田(とよだ)姓に由来する。

トヨタ自動車創業者である豊田喜一郎が自動車工場を建設する際、挙母にするか大府市にするか碧南市にするか迷っていた際、挙母が他の候補よりも地価が安く提示されたことで挙母に工場を置くことを決めたという。

先述の通り市政施行時は挙母市だったが、1958年商工会から市名の変更を希望する嘆願書が出され、一時は賛成と反対で市を二分するほどの論議が展開されたが、1959年1月、名称が「豊田市」に変更された。

昭和時代に周辺の町村を次々と編入し、さらに平成の大合併でも周辺の町村を次々と編入したため県内で最も面積が広くなった。

交通

鉄道

市内を走る鉄道は名古屋鉄道(名鉄)や愛知環状鉄道リニモなどがあるが、JR東海の路線はない。市内の路線はいずれも普通電車しかなく、本数も多くないので不便である。ただしトヨタ自動車が企業ぐるみで鉄道通勤を奨励していることもあって市内の鉄道利用者は大きく増加している。

地図で見ると名古屋市と近いように見えるが、名古屋市営地下鉄鶴舞線の直通電車が豊田市駅まで乗り入れるものの、普通列車しかなく名古屋市中心部まで所要時間は50分近くかかる。北部ではリニモと地下鉄を乗り継いで行ける。南部は知立駅で乗り換えが必要だが乗り換えのタイミングが合えば豊田市中心部から行くよりも所要時間が短い。

自動車交通

東名、新東名、伊勢湾岸、東海環状と、高速道路網は充実している。
インターチェンジが6つもある。

関連タグ

愛知環状鉄道 名古屋鉄道三河線
天理市:豊田市と並んで「日本で2例しかない私的団体が名称の由来となっている」もう一つの市。由来は天理教から。

外部リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

愛知県 あいちけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「豊田市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1656

コメント