ピクシブ百科事典

リニモ

りにも

愛知高速交通東部丘陵線の愛称。英: Linimo。常電導吸引型の磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)を採用している。
目次[非表示]

概要

2005年(平成17年)に開催された愛知万博(愛・地球博)の会場アクセスと、鉄道空白地帯の愛知県長久手市(当時は長久手町)に鉄道を通すため建設された。「当該区間に60‰の急勾配があること」「優れた環境特性」「車両の先進性」等の要素から、かつて日本航空が開発し、名古屋鉄道がそれを引き継いだ常電導吸引型(HSST、英: High Speed Surface Transport)磁気浮上式鉄道が採用された。
当初は、車両の運行ダイヤやの通路が他の路線との乗換えを考慮していないことや、沿線にある大学高校と駅の距離が遠いといった理由により、万博閉幕後は当初の予想を大きく下回り(予想:31,000人/日→実際:13,700人/日)、毎年赤字続きとなっていた。
しかし、2009年度(平成21年度)からは営業努力が実を結び減価償却前営業損益が黒字に転じ、自治体を交えた地域興しイベントの開催・出展等にも力を入れている。また、2006年(平成18年)に廃線となった桃花台新交通桃花台線(ピーチライナー)とは異なり、早くから地元地域住民らが路線存続の為の活動を行っている。
これらの甲斐もあり、2015年度(平成27年度)は営業利益が2億7百万円、経常利益が5千5百万円となり、ともに初めて黒字となった。また、平均利用者数は20,700人/日と、2万人を越えるまでになっている(年間利用者数は758.3万人)。
2016年3月12日より、交通系ICカード乗車券「manaca」の導入及び全国相互利用サービスが為され利便性が向上した(導入には国から1/2の補助金を得ている)。
沿線では、2016年12月には映画館(イオンシネマ)併設の大型ショッピングモール「イオンモール長久手」が、2017年10月には北欧デザイン家具店「IKEA」がオープンしている。このほか、駅周辺の公益施設事業および宅地開発事業が進められており、2028年頃には平均利用者が25,000人/日となる想定である。
2022年には愛・地球博記念公園内に「ジブリパーク」がオープンすることが決まり、さらなる利用者増が予想される。

車両

100形電車

常電導吸引型磁気浮上式のリニアモーターカーであり、近年の地下鉄に採用例のある鉄輪式リニアモーターカーと同じくリニア・インダクション(誘導)・モーターによる走行。
浮上及び案内には常電導電磁石が使用され、浮上量が常に8mmとなる様にセンサーが毎秒4,000回の演算を行い、電磁石への電流量の調整を行っている。何らかの原因で浮上できないときに備え、走行部分には車輪代わりとなるローラーが装備されている。
制動時はリニアモーターによる回生ブレーキ及び逆相ブレーキ(※1)と油圧でレールをはさむブレーキの併用、非常ブレーキは油圧によるブレーキのみを使用する。
基本はATOによる無人運転であるが一部区間においては乗務員が乗車する。また、普段は蓋が閉められ施錠されているが、右手ワンハンドル式の主幹制御機を採用した運転台もある。
営業最高速度は約100km/h、最大加速度は4.0km/h/sを誇る。

※1・・・進行方向と逆の方向に磁界を移動させるブレーキ。前進中に後進させようと力をかける仕組み。

余談

  • 万博内覧会が行われた2005年3月19日、リニモの物珍しさもあって多数の乗客が車両前方に集中し、重量検知装置が過重量と判断したため発車を中止するという事態(※2)が発生し、マスコミの餌食にされたことがある。
  • 「ぽぷかる〜愛知ぽぷかる聖地化計画〜」の一環として『リニモたん』というキャラクターが設定されている。(所謂、萌えキャラ)又、鉄道むすめでは『八草みずき』というキャラクターが設定されている。
リニモたん&八草みずき



※2・・・まれに「定員を超過して浮上不能になった」と記されているが正しくない。

関連タグ

愛知高速交通 リニアモーターカー 愛知万博 愛知環状鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「リニモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6126

コメント