ピクシブ百科事典

桃花台新交通

とうかだいしんこうつう

桃花台新交通は、かつて愛知県小牧市に存在した新交通およびそれを運営していた会社。
目次[非表示]

概要

 この会社は昭和54年に愛知県や小牧市が株式の過半数を出資し、そのほか名古屋を活動の拠点とする企業などが出資した第三セクターとして設立された。
 目的としては「小牧 - 高蔵寺間を結ぶ中量ガイドウェイシステムによる公共輸送路線」の運営であったが、途中で桃花台ニュータウンを通すこととなり、費用の比較的かからない小牧への路線を先に開通させたものの、結局この路線の一部は未成線となったため、実現することはなかった。
 平成3年より新交通システムである桃花台線の運営に当たったものの、平成18年に新交通システムの運営を停止、会社は清算され平成21年に消滅した。

桃花台線

 この交通機関は平成3年から平成18年までに愛知県小牧市にあった新交通システムであり、特徴としては中央案内方式(案内軌条が中央に存在する形式、日本国内ではここと山万ユーカリが丘線のみであり、これは「標準型新交通システム」採用以前に計画されたものであるためであると思われる)を採用している点である。愛称はピーチライナー
 路線は全線小牧市内にあり、起点の小牧駅では名鉄小牧線と接続していた。
 また本来は高蔵寺駅への延伸計画も存在し、これがきちんと完成していれば中央西線愛知環状鉄道との連絡も可能となり、沿線住民以外の利用も見込めたため運営に多大な影響を与えたと思われるが、利用者の見込みを誤り多額の負債を抱えたことと費用面の問題、および裏側でのいろいろな思惑(敷設により小牧市が衰退するため反対しただの株主の名古屋鉄道が衰退する可能性が存在したためだの)の為、断念した。

問題点

 この鉄道は各種の問題点が多数存在しその結果短期間で運営停止となった。
 まず、利用予想が甘かったとされる。当初桃花台ニュータウンに5万人以上が入居し、その30%が利用するとの予測を立てていたものの、実際には3万人未満であり利用者も自動車を利用することが多いため6%に過ぎなかった(特定地方交通線の廃止基準を満たしている)。
 また、当時の小牧線は名古屋市営地下鉄上飯田線が計画段階であり(上飯田線の開通は平成15年)、そのため名城線と直接接続しておらず(過去においては名古屋市電と接続していたが廃止の際代替路線が作られなかった、さらに過去には犬山線と接続する岩倉支線が存在したもののそちらはそれ以前に廃止されていた)、名古屋中心部へのアクセスは10分歩いて地下鉄に乗るか、バスでの連絡となった為、不便極まりなかった。また、住民がよく利用するJR春日井駅との連絡もなかったため、より一層利便性が劣ることになった。
 さらに高額鉄道の要素も存在(営業キロ数7.4km、運賃は一番高い状況で350円)しており、これがさらに利用を妨げていた。
 以上の要因が重なり、輸送密度が最大で「約2600人/日」であった運営は赤字がかさみ30億円を10年で使い果たしてしまい、存続が再考された。
 しかし続けるにしても赤字垂れ流しの上インフラの修理の費用が出ず、新たな新交通システムを構築するにしても廃止して撤去するにしても費用がかさむものの、赤字を垂れ流している状況のため廃止のほうが手っ取り早いとして平成18年に廃止された。
 そんな状態からピンチライナーと呼ぶ沿線住民も居た。
 また、先述のように肝心の桃花台ニュータウンの住民の通勤通学の足として機能していなかったため、廃止話が具体化してからもニュータウン住民からの反応はに近く、廃止後の代替バスや名古屋直通の高速バスも新設された結果、「廃止されて却って便利になった」と言われる始末だった。

駅一覧

駅名接続路線
小牧名鉄小牧線
小牧原 名鉄小牧線
東田中
上末
桃花台西
桃花台センター
桃花台東

車両

100形

関連項目

新交通システム(AGT) 第三セクター 高額鉄道
廃線 未成線

pixivに投稿された作品 pixivで「桃花台新交通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242

コメント