ピクシブ百科事典

名古屋市電

なごやしでん

名古屋市でかつて運行されていた路面電車

概要

名古屋市交通局が運営していた路面電車で、もとは名鉄の前身会社、名古屋電気鉄道が運営していた。
この経緯もあり、名古屋市電となった区間を引き渡したあとの名古屋電気鉄道の後身、名岐鉄道が新名古屋駅が出来るまで名古屋都心乗り入れにこの軌道線区間を用いていた(今で言う「第2種鉄道事業者」のような体で名古屋市電の線路を使っていた)。
軌道法に準拠した列車長さや速度の制限を受けるものの、都心側ターミナル(柳橋駅)は市電とは別に存在した。広小路通と江川線の交点近く、三菱UFJ銀行向かいの旧エディオン(元の栄電社本店)店舗付近(ビル敷地と隣接の駐車場)がやや不自然な三角形(道から線路が枝分かれすると考えるとむしろ自然な形ではある)をしており、おそらくはここがそのターミナル敷地であったものと推測される。
現在の緑区・守山区(守山区は市電がピークを過ぎた1963年になって編入された地域のため)を除く名古屋市のほぼ全域に路線網を持ち、早くからワンマン化など合理化を行うなどしていた。地下鉄の延伸やモータリゼーションの進行により1974年3月31日に全線廃止。一部の車庫は市バス車庫に利用されている。
廃止後車両は豊橋鉄道などに譲渡されたほか、名古屋市科学館などで保存されているものもある。豊橋に譲渡された車両は近年までイベント列車に使われていたが、manaca導入時にICカード対応運賃箱に交換されなかったので保留車となってしまっている。
余談ではあるが、一部路線で開業前の名古屋市営地下鉄東山線の車両試運転に供されたことがあった。

pixivに投稿された作品 pixivで「名古屋市電」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3525

コメント