ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

路線データ

路線名中央西線
使用線路中央本線
路線延長174.8km
駅数39駅
起終点塩尻駅-名古屋駅
鉄道事業者JR東海
複線区間名古屋駅~十二兼駅、倉本駅~原野駅、奈良井駅~宮ノ越駅、贄川駅~塩尻駅
電化区間全線直流電化(直流1500V)
ラインカラー青色
路線記号CF
開業年月日1900年7月25日
閉塞方式(複線及び単線の)自動閉塞式
最高速度
  • 120km/h区間 塩尻駅~中津川駅
  • 130km/h区間 中津川駅~名古屋駅
運転指令所東海総合指令所(CTC)
運行管理システム名古屋圏運行管理システム (NOA)

概要

中央西線は、中央本線JR東海区間(名古屋-塩尻間)の事である。 但し塩尻近辺以外で、あえて「東線」「西線」と呼び分けることは今日あまりない。

キロポストは現在に至るまで国鉄時代の塩尻旧駅・辰野経由で、東京側基準で振られている。

本来、塩尻→名古屋が下りの方向になるはずであるが、運転上は明治時代の全通より一貫して名古屋→塩尻が下りとして扱われており、列車番号のみならず信号機の標識の上下も塩尻向きが「下」で書かれている。


優等列車として、名古屋-長野を結ぶ特急「しなの」が383系により運転されている。

また名古屋地区から南松本貨物ターミナルを結ぶ貨物列車も走っている。


普通・快速系列車は中津川を境に性格が分かれており、名古屋-中津川間は名古屋地区への通勤路線の性格が強く、一時期普通・快速系列車の最大10両運転も行われていた(2022年改正以降は全列車8両編成に統一)。この列車区間の設定自体は利用客数の推移に合っているが、設備(構内配線)が地形の制約からそれに合致していないため、災害時かなり足止めされる(多治見・瑞浪など)。


中津川-塩尻間は典型的な山岳ローカル線で、普通列車は313系ワンマン車2両編成で運用され、本数も名古屋-中津川間と比べると極端に少ない(2022年改正までは早朝では神領車両区から松本までの列車回送を兼ねた、神領発松本行というロングラン列車もあったが、中津川以西8両編成化のため消滅。木曽谷区間用は別途回送)。塩尻からは、普通列車は篠ノ井線松本駅まで乗り入れている。

元々この内田立-塩尻は国鉄時代長野鉄道管理局に属していたが、民営化の少し前、名古屋鉄道管理局(→JR東海本部)に管轄が移された。


  • 国鉄分割民営化直前の1987年3月から「ホームライナー多治見」「ホームライナー瑞浪」「ホームライナー中津川」…とホームライナー格の有料快速列車を設定(2022年改正以降は「ホームライナー瑞浪」のみに整理されている)。
  • 大垣ダッシュほど顕著ではないが、名古屋発の朝1番の下り始発中津川行が短時間で松本行に接続するため、シーズンには席取りで駆ける旅行者が見受けられる。まだ同じホームの左右での接続が救いであろう。
  • 2000年頃から、313系「セントラルライナー」が名古屋-中津川間で運転されていたが、名古屋-多治見間は座席指定券(有料)が必要になる事や、春日井・勝川に停車しない事など不評極まりなく、2013年のダイヤ改正で廃止されてしまった(但し車両自体は2022年まで普通・快速系列車で運用されていた)。

駅一覧

  • ●=停車、▲=一部停車、レ=通過、普通列車は各駅に停車するため省略

名古屋駅~中津川駅

駅名区間快速快速ホームライナー特急乗り換え路線備考
名古屋
  1. 東海道新幹線/東海道本線/関西本線(JR東海)
  2. 名古屋市営地下鉄東山線/桜通線
  3. 名古屋臨海高速鉄道あおなみ線
  4. 名鉄名古屋本線(名鉄名古屋駅)
  5. 近鉄名古屋線(近鉄名古屋駅)
金山
  1. 東海道本線(JR東海)
  2. 名鉄名古屋本線
  3. 名古屋市営地下鉄名城線/名港線
鶴舞名古屋市営地下鉄鶴舞線
千種名古屋市営地下鉄東山線
大曽根
  1. 名鉄瀬戸線
  2. 名古屋市営地下鉄名城線
  3. 名古屋ガイドウェイバスゆとりーとライン
新守山特定都市制度の名古屋市内はここまで
勝川東海交通事業城北線
春日井
神領
高蔵寺愛知環状鉄道
定光寺ここまで愛知県
古虎渓ここから岐阜県
多治見太多線
土岐市
瑞浪
釜戸
武並
恵那明知鉄道
美乃坂本
中津川中央西線(塩尻方面)

中津川駅〜塩尻駅

駅名特急乗り換え路線線路備考
中津川中央西線(名古屋方面)
落合川
坂下ここまで岐阜県
田立ここから長野県
南木曽
十二兼ここまで複線区間
野尻
大桑
須原
倉本ここから複線区間
上松
木曽福島ここ以西が中央本線全通前の中央西線
原野
  • 中央本線全通後に新設
  • ここまで複線区間
宮ノ越
  • ここ以東は中央本線全通前の中央東線所属
  • ここから複線区間
藪原
奈良井ここまで複線区間
木曽平沢
贄川ここから複線区間
日出塩
洗馬
塩尻中央東線/篠ノ井線(JR東日本)

主な運用車両

現行の使用車両


過去の運用車両(JR発足以降)


関連タグ

JR東海 中央本線

関連記事

親記事

中央本線 ちゅうおうほんせん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5028

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました