ピクシブ百科事典

明知鉄道

あけちてつどう

岐阜県南東部に路線を有する第三セクター鉄道。
目次[非表示]

概要

 岐阜県南東部において旧国鉄特定地方交通線を転換した1路線(明知線)を運営する第三セクター鉄道会社で、1985年設立。
 「お婆ちゃんが乗り遅れたのでバックして戻る」「線路上に犬が居たので止まる」など、地方鉄道らしい逸話も残っている。
 愛称は「明鉄(あけてつ)」。

運行形態

 2017年4月現在、平日14往復、土曜・休日13往復の列車が運行されている。

急行大正ロマン号」

 2011年3月12日より、月曜日運休(ただし休日は運行)で1日1往復運行されている。
 明智駅すぐの「日本大正村」が、2011年の「大正100年」を記念したイベントに連動して、これまで多数運行されてきたイベント列車を統合する形で設定。
 運行間隔の拡大を防ぐため一般車も連結され、一般車乗車時は急行券不要だが、明智行き(下り)のみ食堂車を連結しており、利用には乗車5日前の15時までに予約が必要(予約状況により連結無し)。
 車内で出される料理は、時期によって異なる。
 またJTB時刻表では、昭和初期までの「食堂車」マークが用意されている(通常はナイフフォーク交差させたデザイン)。

快速

 2012年3月17日より、平日の恵那行き(上り)1本が設定されている。
 明知線どころか、ケーブルカーを除く日本No.1とNo.2の勾配駅である飯沼駅野志駅は通過する。

車両

現役

 アケチ1形の置き換え車両で1997年登場。10-14の5両が在籍し、10・13・14はロングシートで、急行「大正ロマン号」の食堂車にも使用される。

 アケチ6形の置き換え車両で2017年登場。アケチ10形とは併結できないため、単独運用が組まれている。

引退済

 開業時に導入されたレールバスで、座席はセミクロスシート
 アケチ10形の導入で1999年に引退し、現在は2両が山岡駅阿木駅に倉庫として利用されており、2016年7月15日より、山岡駅の車両はカフェに改装された。

 1989年に導入された増備車で、座席はロングシート。
 アケチ10形導入後は予備車となっていたが、アケチ101形の導入により2017年に引退。処遇は不明である。
 なお引退直前の2017年3月13日には、臨時列車ながら明知鉄道初の特急が運行された。

保存車両

 国鉄明知線時代に使用されていた蒸気機関車
 長らく近隣の小学校に保存されていたが、2013年に里帰り。圧縮空気で走行し、明智駅にて不定期で乗車体験を行っている。
 なお明知線には、2019年を目処にしたSL復活運転が予定されている。

 国鉄→JR貨物で使用された車掌車。C12形乗車体験の客車として使用されている。

駅一覧

●:停車、|:通過、↓:通過(矢印方向のみ運行)

駅番号駅名急行「大正ロマン号」快速備考
1明智車両基地設置駅、国鉄時は「明知駅」
2野志転換後開業、日本第2位の勾配駅
3山岡
4花白温泉「花白駅」から2011年に改称
5岩村交換可能駅
6極楽転換後開業
7飯羽間
8阿木
9飯沼転換後開業、日本第1位の勾配駅
10東野
11恵那JR東海中央本線乗り換え

関連タグ

第三セクター(第3セクター) 地方鉄道 ローカル線
岐阜県 恵那市 中津川市
蒸気機関車 車掌車 食堂車

腕木式信号機:2004年まで稼働していた。
日本大正村 大正ロマンちゃん

外部リンク

明知鉄道公式サイト
明知鉄道公式Facebook

pixivに投稿された作品 pixivで「明知鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1223

コメント