ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本の地域区分のひとつ。

中部地方の範囲について法的な定義はないが、一般的に新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県の9県で構成される。
すべての県を合わせた人口は約2300万人。面積は北海道に匹敵する。

ただし企業や公的機関によって「中部地方」の範囲が異なり、三重県滋賀県が含まれる場合もあったり、山梨県新潟県が除外される場合もある。

中部地方を管轄する企業や国家機関は名古屋市に集積している。
ほか新潟市静岡市浜松市金沢市も二次的な拠点都市として機能している。

区分

中部地方は9県もしくは10県(三重県を含めた場合)もあり各県の地域差も大きいので、しばしばいくつかのグループに細分される。甲信越北陸東海の3地方に細分することが多いが、長野県と山梨県を指して「甲信地方」や、山梨県・長野県・岐阜県を指して「東山地方」といった区分け方もある。関東地方と甲信越3県を指して関東甲信越と呼んだり、さらに静岡県も含めた1都10県を関東甲信越静(または広域関東圏)と呼ぶこともある。

地勢

もともとは、本州から東北地方関東地方近畿地方中国地方を除いた残りをひとまとめにした呼称であり、中央に山岳が多いため中部地方全体のまとまりは弱い。特に静岡県東部や山梨県、新潟県は東京志向が強く、福井県は大阪志向が強い傾向にある。

各地域の文化や気候風土の共通点は薄いが、地形的な特徴を挙げるなら、「日本の屋根」とも呼ばれる日本アルプスを擁する中央山岳地帯であり、日本最長の河川である信濃川をはじめ、木曽三川(木曽川長良川揖斐川)、天竜川といった大河を多く擁することであろう。これらのことから水資源に恵まれた地域が多い。巨大なダム水力発電所が多く立地し、これが後述の製造業の隆盛にも繋がっている。

歴史

歴史的には、戦国時代の織田信長豊臣秀吉徳川家康武田信玄上杉謙信はいずれも中部地方の人物であり、中部を抑えてからほかの地方(中国、四国など)に目を向けているため、戦国期を語る上ではなくてはならない存在である。

産業

現代では、愛知県・岐阜県・三重県、静岡県の東海4県は日本最大の自動車産業(完成車・自動車部品製造)地域であり、産業用ロボット、電機、航空、造船などの機械製造業、製鋼や非鉄金属、セラミックなど素材生産業が非常に盛ん。さらに北陸地方は金属加工や機械製造が盛んで、山梨県は工作機械、長野県は光学機械や時計・電子部品において日本トップメーカーの工場が並ぶ...という具合に、日本の製造業の屋台骨を支える地方である。

県一覧

甲信越

新潟県(北陸に含むこともあるが稀に東北地方に含むこともある)
長野県
山梨県(関東地方に含む場合が多い)

北陸

石川県
富山県
福井県(西側の嶺南は関西地方扱いされる場合もある)

東海四県

静岡県東海三県には含まれない)
愛知県
岐阜県
三重県(近畿・関西地方に含む場合もある)

近畿

滋賀県(一般的には近畿・関西地方だが中部圏知事会のメンバーであり、中日新聞では中部地方として扱われる)

関連記事

親記事

都道府県 とどうふけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「中部地方」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16411

コメント