ピクシブ百科事典

目次[非表示]

河川にダムを建設し、水を高い位置まで持ち上げることで位置エネルギーを発生させ、低地に配置した水車タービンに高所から落とした水をぶつけてタービンを回転させることで発電する。

大正から昭和20年代までは電力の大半は水力発電で生み出されたものであった。

発電に燃料を必要とせず、発電に使用した水は河川を海まで流下し、蒸発して再び雨となって水源地に戻る。このため水力発電は再生可能エネルギーの一つにも位置づけられている。

著名な水力発電所


長所

発電コストがとても安い。既存の水力発電所の多くは既に建設費用を償却済みであるため、稼働させればさせるだけ利益を産み、人手もほとんどかからない。もちろん、発電設備の更新やダムの修繕にはコストがかかるが、建設費に比べれば微々たるものである。

欠点

既に適地は開発し尽くされているので、新設の余地がほとんどない。

農業用水路などに設置するマイクロ水力発電は新設の余地がまだまだあるが、発電量も小さいので維持コストが相対的に高くなってしまう。

関連記事

親記事

発電 はつでん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「水力発電」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 587

コメント