ピクシブ百科事典

1380系

せんさんびゃくはちじっけい

1380系とは、かつて名古屋鉄道に在籍していた車両である。
目次[非表示]

パノラマSuper1030・1230系1134Fを改造して誕生した形式。
1編成のみが在籍していた。

誕生の経緯

2002年9月26日、名古屋本線大里-奥田間を新岐阜(当時)発豊橋行特急として走行中、大里8号踏切から線路内に侵入したスリランカ人の運転する普通自動車(盗難車)と衝突。先頭2両であるモ1134、モ1184が軌道を外れ、東側に設けられていたコンクリート製暗渠の用水路沿いに大きく脱線。特に先頭車のモ1134は用水路に乗り上げた状態で停止した。
この事故でスリランカ人の普通自動車運転手は死亡、列車の運転士、車掌、乗客の23名が負傷した。
事故の詳細は航空鉄道事故調査委員会の報告書を参照されたし。

モ1134、モ1184の2両は損傷が激しかったため廃車されたが、残された4両は損傷の程度が浅かった為、廃車にはせず新たな編成に作り替えることにした。
こうして誕生したのが1380系である。

改造点

豊橋側の中間車だったモ1384に運転台を新設。この運転台の機器は廃車されたモ1134より流用したもので、基本的に反対側の先頭車であるモ1584と同じ。運転台スペースにはもともと車掌台が設置されていた関係で車体長がモ1584に比べて950mm長い。
普通車に格下げされたため、モ1584に搭載されていたミュージックホーン、パノラマSuperの愛称板は撤去され、塗装も名鉄一般車でお馴染みのスカーレット一色に塗り直されている。
補助電源装置は2代目3300系の廃車発生品であるSIVに変更されている。

車両性能

電装品は変更されていないため、性能については1230系と大差ない。ただし1380系としての落成直後はブレーキ増圧システムが使用停止になっていたため最高速度が110km/hに落とされていた。2代目5000系登場時にブレーキ増圧システムの使用も再開されているので時速120km/hで走行可能。

改造後の運用

平日は広見線、名古屋本線・犬山線東岡崎駅-犬山間の普通、各務原線で運用され、休日は各務原線犬山-岐阜間の機織り運用に就いていた。また突発的な代走で中部国際空港知多新線、名古屋本線豊橋駅などに入線したこともある。

しかし、元から電装品の多くが7500系からの流用品であり老朽化が進行していた為、2015年3300系1編成の導入と入れ替わりに同年9月2日に運用離脱、9月14日付で廃車され、解体された。

余談

  • 1380系は名鉄の名物だった全身赤色の電車としては最後に誕生した形式である。以降の新車はステンレス車に移行した為、「名鉄=赤」というイメージも近年では薄れてきている。
  • 本系列の廃車と同時期に種車である1030・1230系の廃車も始まった為、1380系の廃車が特別早かったというわけではない。1030・1230系の廃車は2019年をもって完了し、形式消滅となった。

関連記事

親記事

名古屋鉄道 なごやてつどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「1380系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4745

コメント