ピクシブ百科事典

名鉄岐阜駅

めいてつぎふえき

名鉄岐阜駅は、岐阜県にある名鉄の頭端駅である。
目次[非表示]

JR東海東海道本線高山本線)の駅については岐阜駅を参照。

概要

岐阜県岐阜市にある名古屋鉄道の駅。
駅番号はNH60
元々は新岐阜駅の名称だったが、2005年(平成17年)の中部国際空港の開業にあわせて現駅名に改称。
嘗ては岐阜市内の路面電車(岐阜市内線)が同年まで運行されていた。

世界中で路面電車(LRT)が見直されている世の中、第三セクターとして残しておけば良かったと言う声は大きい。仕方ないね。

駅構内

名鉄名古屋本線は高架構造・櫛形駅の2面4線の構造で、名鉄各務原線は櫛形1面2線の地上駅である。

1914年に美濃電気軌道笠松線(現在の名鉄名古屋本線)の新岐阜駅(初代)・新岐阜停留場が国鉄岐阜駅寄りに開場。(現在は線路跡がほぼ現在の国道157号。)
1913年に国鉄岐阜駅の移転と同時に駅前(後の岐阜駅前)停留場も移転に伴い、当停留場を長住町停留場に改称。
1928年、各務原鉄道(現在の名鉄各務原線)長住町駅が現在の名鉄岐阜駅の場所に開業。
1948年(昭和23年)、長住町駅と新岐阜駅が統合、新岐阜駅(2代)に改称。
2005年に現在の駅名になる。

現在、名古屋本線はここから岐南駅の間で高架化工事が行われているが、完了後は開かずの踏切や加納陸橋下の単線も解消される見込み。

乗り場路線方向方面備考
1-4名古屋本線上り一宮名古屋中部国際空港知立豊橋方面
5・6各務原線上り新鵠沼犬山新可児方面

利用状況


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度17,856人35,711人
2009年(平成21年)度17,133人34,267人
2010年(平成22年)度17,242人34,484人
2011年(平成23年)度17,194人34,388人
2012年(平成24年)度17,298人34,596人
2013年(平成25年)度17,732人35,464人
2014年(平成26年)度17,070人34,140人
2015年(平成27年)度17,614人35,228人
2016年(平成28年)度17,442人34,884人
2017年(平成29年)度17,683人35,366人
2018年(平成30年)度17,503人35,007人
2019年(令和元年)度35,345人


余談

かつては駅構内に新岐阜百貨店(名鉄グループ)が存在していたが、2005年に閉店となった。
各務原線ホームには田神線美濃町線方面ホームも存在していたが、両線廃止後はホームは撤去され各務原線車両の留置線となった。

外部リンク

Wikipediaの同記事

関連タグ

岐阜県  名古屋鉄道名鉄 岐阜駅 岐阜県内の駅一覧 名古屋本線 各務原線

関連記事

親記事

岐阜駅 ぎふえき

pixivに投稿された作品 pixivで「名鉄岐阜駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 851

コメント