ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

岐阜県羽島郡笠松町にある、名古屋鉄道名古屋本線羽島・竹鼻線の分岐駅。番号はNH56である。

1935年に新笠松駅として開業、翌年に現在の駅名に改めた。それまでは竹鼻線の西笠松駅が、笠松駅と称していた。
笠松競馬場(地方競馬)の最寄り駅。
ちなみに名古屋本線は当駅より岐阜県に入る。

駅構造

島式1面2線・単式1面1線の地上駅で、1・2番線が島式ホームとなっており、名古屋方面と羽島・竹鼻線とが同一ホームで乗り換えられる。
ミュースカイは全列車通過、特急も平日朝方は上りに通過する便があるが、その他はすべて停車する。
竹鼻線が分岐する上、名古屋本線も東方向に大きく向きを変えるためか、ホームがカーブしており、車両との間が開く箇所があるので要注意。

乗り場路線方面ホーム有効長
1羽島・竹鼻線岐阜方面/新羽島方面4両
2名古屋本線岐阜方面8両
3名古屋本線名古屋・豊橋中部国際空港方面8両

隣の駅

名古屋本線前の駅次の駅
通過
  • 快速特急
  • 特急(大半の列車)
  • 快速急行
  • 急行
  • 準急
新木曽川駅(NH53)当駅名鉄岐阜駅(NH60)
  • 普通
木曽川堤駅(NH55)当駅岐南駅(NH57)
羽島・竹鼻線
  • 普通
西笠松駅(TH01)当駅(名鉄岐阜方面)


かつて、当駅と木曽川堤駅との間に東笠松駅があったが、利用者が減少した為に、2005年(平成17年)1月29日に廃止となった。

関連項目

岐阜県内の駅一覧

関連記事

親記事

岐阜県内の駅一覧 ぎふけんないのえきいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「笠松駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91

コメント