ピクシブ百科事典

可児駅

かにえき

岐阜県可児市にあるJR太多線の駅。ここでは名鉄広見線の「新可児駅」についても説明。
目次[非表示]

可児駅(JR東海)

岐阜県可児市下恵土にあるJR東海太多線
東口に名古屋鉄道新可児駅が存在しており、乗り換えも可能。
但し、名古屋駅は直通列車のある名鉄が近いのに対し、岐阜駅JR東海の方が近い。

1918年(大正7年)、広見駅として開業。
1982年(昭和57年)、現在の駅名である可児駅に改称された。

乗り場

相対式2面2線の地上駅。

乗り場路線方向方面備考
1太多線上り多治見方面
2太多線下り美濃太田方面

新可児駅(名古屋鉄道)

岐阜県可児市下恵土今広にある名鉄広見線
駅番号はHM06
JRの可児駅東口近くにある為、乗り換えとしては便利。
だが、西口から当駅に行くにはJRを跨る地下道を通る必要性がある。
当駅で運行系統が分断されており、犬山方面と御嵩方面は当駅で乗り換えなければならない。

乗り場

頭端式ホーム2面3線の地上駅。

乗り場路線方向方面備考
1広見線下り御嵩方面2両対応
2広見線上り犬山名古屋中部国際空港方面4両対応
3広見線上り犬山名古屋中部国際空港方面6両対応

利用状況

近況

JR可児駅

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員は1,608人である。

名鉄新可児駅

利用状況比較表

事業者名JR東海名古屋鉄道
駅名可児駅新可児駅
年度乗車人員乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度1,502人3,003人5,088人
2009年(平成21年)度1,453人2,906人4,908人
2010年(平成22年)度1,462人2,925人4,832人
2011年(平成23年)度1,421人2,841人4,738人
2012年(平成24年)度1,409人2,819人4,856人
2013年(平成25年)度1,437人2,874人4,968人
2014年(平成26年)度1,430人2,859人4,870人
2015年(平成27年)度1,485人2,971人5,020人
2016年(平成28年)度1,519人3,038人5,024人
2017年(平成29年)度1,581人3,162人5,130人
2018年(平成30年)度1,609人3,218人5,191人
2019年(令和元年)度1,608人3,216人5,295人


関連タグ

JR東海 名古屋鉄道 広見線 太多線 岐阜県内の駅一覧 ミュースカイ

関連記事

親記事

岐阜県内の駅一覧 ぎふけんないのえきいいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「可児駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140

コメント