ピクシブ百科事典

竹鼻線

たけはなせん

名古屋鉄道が所有する鉄道路線のひとつ。ここでは名鉄羽島線についても解説。
目次[非表示]

名鉄竹鼻線

岐阜県羽島郡笠松町の笠松駅から岐阜県羽島市の江吉良駅までを結ぶ名古屋鉄道の鉄道路線。1921年に竹鼻鉄道の手で開業し、1943年に名鉄に吸収されている。
全駅でmanacaと相互利用出来るIC乗車券が使用可能。
江吉良駅で名鉄羽島線と接続し、直通運転を行っている。このため実態に即し羽島・竹鼻線とひとくくりに呼ぶこともある。

現在の竹鼻線は笠松駅~江吉良駅間までだが、2001年9月30日までは江吉良駅から先、大須駅まで路線が伸びていた。大須駅と言っても名古屋市中区の「大須観音駅」のことではなく、岐阜県羽島市桑原町に所在していた。この亡き大須駅はちなみに「お千代保稲荷」の最寄駅でもあり、「名古屋の大須は観音様、岐阜の大須はお稲荷様」と呼び分けられていたという。

現存区間は4両編成まで入線できるが、廃止区間は2両分の有効長しかなく、やむを得ず4両編成が入線してきた場合はドアカットを実施していた。

名鉄羽島線

東海道新幹線岐阜羽島駅は当初は単独駅で、他の鉄道路線との接続がなかった。そこで1982年12月11日、江吉良駅から分岐し新幹線駅方面へ結ぶ路線を開業させた。これが名鉄羽島線である。実は江吉良駅は1944年から休止しており、羽島線開業と同時に営業を再開している。
江吉良駅~新羽島駅間1.3kmを営業。

運行形態

原則15分間隔で笠松~新羽島を往復する普通列車が設定されるほか、平日の朝晩や夕方、土休日のごく一部は名古屋本線へ直通して名鉄岐阜駅発着で運行される列車となり、その大半は名古屋本線内はノンストップで運行される急行だが、平日朝の一部・土休日夜の列車は名古屋本線内も各駅に停車する普通列車で運行される。
また、羽島市役所前駅で笠松・岐阜方へ折り返す列車もある。

かつては竹鼻線内でも急行運転を行う列車が名鉄岐阜(当時は新岐阜)~新羽島の直通で設定され、岐阜方より順に笠松、竹鼻、羽島市役所前の3駅にのみ停車していたが、大須口が廃止された2001年10月より全列車とも線内各駅停車に変更された。これにともない竹鼻、羽島市役所前以外の駅では停車本数がほぼ倍増している。

現在の駅一覧

駅番号駅名備考
NH56笠松名鉄名古屋本線乗り換え・一部名鉄岐阜駅方面へ直通
TH01西笠松列車交換可能
TH02柳津
TH03南宿列車交換可能
TH04須賀
TH05不破一色
TH06竹鼻
TH07羽島市役所前有人駅、列車交換可能
TH08江吉良竹鼻線・羽島線の境界
TH09新羽島東海道新幹線乗り換え(岐阜羽島駅)


羽島市役所前駅を除き、すべて無人駅である。

廃止区間の駅一覧
(江吉良) - 牧野 - 長間 - 中区 - 市之枝 - 八神 - 大須

大須方面へは、羽島市役所前駅(バス停は、羽島市役所駅前)より岐阜羽島バスが鉄道時代と同じ30分間隔で運行されている。

関連項目

名古屋鉄道(名鉄) 羽島線
名鉄竹鼻線名鉄羽島線:表記揺れ

八神マキノ(アイドルマスターシンデレラガールズ)・・・竹鼻線の部分廃止区間に存在した牧野駅と八神駅が名前のもとになっているといわれる(実際、彼女は岐阜県出身である)。

pixivに投稿された作品 pixivで「竹鼻線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326

コメント