ピクシブ百科事典

西武所沢工場

せいぶところざわこうじょう

埼玉県所沢市東住吉にあった西武鉄道の車両工場である。
目次[非表示]

概要

1946年に復興社所沢車輌工場として発足。西武の所沢駅に隣接。西武建設への改組を経て、西武鉄道の直営工場となった1973年以降は、日本の大手私鉄が直営する唯一の鉄道車両の量産製造工場となった。

戦後、1969年までのほぼすべての西武鉄道の車両はここで製造されていた。1981年に車両製造事業を縮小し、1999年に西武9000系の製造をもって終了。また、車両の検査・整備業務についても2000年に終了した。

エピソード

所沢整形クリニック

実はこの工場、車両の改造も行っており自社・他社から発生した中古電車・気動車等に電装改造・運転台増設・車体延長などの各種改造も行っていた。また車体のみ新造したものに廃車発生品を取り付けるなどの車両制作も行っており、まさに整形クリニックであった。これができたのも所沢にがいたためである。

例えば17m級旧形国電の払い下げ車両を改造して西武311系を作ったり、ドア増設で外ずりドアを付けたり。

すごい台枠を掘り出す匠たち

ここで改造・製造された車両の中で使われた台枠がそこら辺に転がっていた鉄道省(院電)時代のものも有り、1970年代ですでに半世紀を超えているものざらにあったという・・・
この台枠の出処は極端に多数の客が乗ったがために老朽化して廃棄された木造電車・客車や戦災で焼けた電車(いわゆる焼け電)で、それらを国鉄から買ってきてそれに国鉄とほとんど同じ車体を新規製作したのだった。
これにはそうした廃材同然の電車を買って「修理して」用途に供した場合、割当63形運輸省規格形電車の受入と違い自社の小ぶりな電車を同じく車両難にあえぐ中小私鉄に放出する義務がないこと、またこれに先んじて国鉄(当時)大宮工場OBを多数引き抜いたという人材構成によるところが大きい。
元より強度的に優るTR11を作ってしまうのも、彼らが居ればこそであった。


車歴でいろいろやらかす匠たち

この工場で改造・製造された車両の車歴は今までの車歴が有るにも関わらず、書類上新造扱いにされているものも有る。逆(実は流用部品が一切ないのに、中古で購入した車両の改造車である、という記録になっているもの。テセウスの船どころではない)も戦後の車両製作に制約の多い時代を中心として多数あり。
・・・彼らが欲しかったのは、素材としての台枠や部品よりも、まずは車歴簿だった。

pixivに投稿された作品 pixivで「西武所沢工場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405

コメント