ピクシブ百科事典

京成3000形

けいせいさんぜんがた

ここでは、京成電鉄が保有・運用している2代目京成3000形、およびその派生形式(兄弟車)を取り扱う。
目次[非表示]

曖昧さ回避

京成電鉄の初代3000形については「3000形」の項目を参照。

京成電鉄3000形(2代)

京成電鉄で使用されていた抵抗制御車の鋼製車両を代替する目的で、2002年にデビュー。環境対策・省エネ・メンテナンスフリー・バリアフリー対策を盛り込んであり、日本車輌の「日車ブロック工法」に基づく軽量ステンレス車体とIGBT素子によるVVVFインバータ制御方式を採用した。

3000番台(7次車以外の3000形)

京成3000形シリーズ


6両編成と8両編成の2種類が存在。3027編成から車内案内表示装置にLCD表示装置を採用している。日本車輌東急車輌でそれぞれ製造されていたが、3027編成以降の製造メーカーは日本車輌のほか東急車輌の後身である総合車両製作所へ移行している。2019年の3042編成投入を最後に製造を終了。

3050番台(3000形7次車、3050形)

京成本線・押上線・成田空港線


AE形と同時デビューを果たした「成田スカイアクセス」こと京成成田空港線用の電車。番号は3050番台で8両編成6本が投入された。
京成3000形グループで初めて120km/h運転に対応している(現在は7次車以外の京成3000形8両編成も120km/h運転に対応済)。京成3000形グループで初めて車内案内表示装置にLCD表示装置を採用。このグループは全編成日本車輌製である

2019年の2代目京成3100形(3150形)の投入に伴い、3100形に合わせたオレンジ色のラインカラーに変更されることになったが、同系増備に合わせて順次京成本線向けへ転用、7次車以外の3000形と同じカラーにする方針である。

北総鉄道7500形

【擬人化】北総鉄道7500形&千葉ニュータウン鉄道9100形


※画像下が北総7500形
北総7500形電車は老朽化していたゲンコツ電車(7000形)の置き換えに製造された電車で、こちらは2006年に営業運転開始。特徴は、先頭車両側面の飛行機の翼をイメージしたスリット模様。8両編成3本。7501編成が東急車輌製で残りは日本車輌製。

新京成電鉄N800形

【HD新京成03】京成3000形の弟分【N800形】


当時走っていた800形8000形を置き換える目的で製造された。6両編成5本。最初の3本はマルーン4本と白1本のストライプ塗装でデビュー。4本目となるN848編成以降は製造当初からピンク塗装での登場となり、グループで唯一車内案内表示装置にコイト電工の「パッとビジョン」(LEDスクロール表示器サイズのLCD表示装置)を採用している。全編成日本車輌
ちなみに他社の車両の行先表示が全編成フルカラーLED化改造が終えた、または新製時から行先表示がフルカラーLEDになっている中、N800形はN858編成を除き行先表示が三色LEDのままである
2018年投入のN858編成を最後に製造を終了し、以降は80000形の製造へシフトした。

千葉ニュータウン鉄道9200形

京成3000形シリーズ4種


※画像一番右が千葉NT9200形
9000形1編成の老朽化・代替に伴い製造された。2013年に8両編成1本を投入。日本車輌製。ラインカラーが9100形と同様の水色と黄色となっている。北総鉄道・千葉ニュータウン鉄道在籍車両で唯一、車内案内表示装置にLCD表示装置を採用している。なお、この車両のみ他の千葉ニュータウン鉄道所属車両に貼り付けている「北総鉄道」プレートを貼り付けていない
9000形はもう1編成が存在していたが、その編成の代替車は京成3700形の貸出(リース)で対応した。

関連タグ

K▼SEIGROUP 京成電鉄 新京成電鉄 北総鉄道 千葉ニュータウン鉄道
3000形 7500形 800形 9200形 京成3100形

関連記事

親記事

京成電鉄 けいせいでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「京成3000形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21289

コメント