ピクシブ百科事典

3600形

さんぜんろっぴゃくがた

ここでは、京成電鉄が保有・運用している京成電鉄3600形について解説。
目次[非表示]

「3600形」は鉄道車両の形式のひとつであるが、旅客用では京成電鉄の例しかない。

概要

旧型の吊り掛け電車置き換え用として1982年から1989年にかけて6両編成9本、計54両が製造された。車両番号は成田空港駅方から36X1-36X2-36X3-36X6-36X7-36X8で、これは将来の8両編成化を見越して末尾4・5の番号が欠けているためである。車体は3500形の一部編成で取り入れられたオールステンレス製。中間車が電動車(モーター車)となった。制御方式は界磁チョッパ制御

その後1997年に、優等列車の8両編成化を目的として、3608・3628・3668編成の3編成から中間車を捻出し、それ以外の6編成に中間車を2両ずつ組み込んで8両固定編成化が行われた(京成3700形製造時期であったため、中間車は新製せず既存車の組み換えで対応)。先ほど「将来の8両編成化を見越して末尾4・5の番号が欠けているため」と述べたが、改番は行われず番号はバラバラなままであった。

3608・3628・3668編成の先頭車6両が余ったため、この6両は固定編成化が行われた。3661-3628-3601-3608-3621-3668で編成を組み、末尾8の車両についてはパンタグラフ搭載改造を、両端2両ずつの計4両については電装工事を行った。VVVFインバータ制御になったことで、その自慢の俊足ぶりからこの編成には「ターボ君」のあだ名が付いた。

運用・廃車など

  • 8両固定編成は京成本線京成東成田線芝山鉄道線・京成押上線都営浅草線での優等運用に入る。先頭車が電動車ではないため、乗り入れ協定に基づき京浜急行電鉄へは乗り入れない。
  • 8両固定編成の3611編成は2002年から2013年まで芝山鉄道へ貸し出されていた(リース)。貸し出し期間中は帯色が赤・緑の2本になっていた。
  • 京成3600形は8両固定編成主体となったが、普通列車の6両運用が増えているにもかかわらず、編成は現状維持。皮肉なことに、京成3000形は6両固定編成ばかりが製造されている。
  • リニューアル工事は行われていない。2017年から京成3000形による置き換え・廃車が始まっている。
  • ターボ君」の6両固定編成は中間の3601・3608号車を外して4両で運用することが出来る。4両編成化することで、新車の甲種輸送ではこの編成が牽引電車として活躍する(「ターボ君」は京成3600形で唯一京浜急行電鉄に乗り入れのできる編成である。通常の編成とは違い、「ターボ君」は先頭車両が電動車である)ほか、京成金町線への運用も可能。
  • ターボ君」の6両固定編成は京成本線の普通列車での運用が主体であったが、京成3000形による置き換えのため2017年に中間の3601・3608号車が廃車され、4両編成で運用されるようになった。


関連項目

京成電鉄 京成 芝山鉄道 都営地下鉄 京成3600形(表記揺れ)

pixivに投稿された作品 pixivで「3600形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152

コメント