ピクシブ百科事典

三重交通

みえこうつう

三重県全域と愛知県、和歌山県、奈良県の一部で乗合バス事業と貸切バス事業を運営する企業
目次[非表示]

近鉄グループに属し、三重交通ホールディングスの完全子会社。1944年に神都交通を母体に、三重県下の交通事業者が統合されて発足。発足時は鉄道事業を行っていたが1961年に神都線を廃止し、1964年に鉄道部門を三重電気鉄道として分社、同社は松阪線を廃止後1965年に近鉄に合併された。
戦後の一時期は名鉄グループ、近鉄グループの両方に属していたが、近鉄が株を買い増しして近鉄グループに属した。
大宮・東京と伊勢・鳥羽・南紀勝浦・伊賀を結ぶ夜行高速バス、三重県内の主要各所から京都・大阪・名古屋・岐阜を結ぶ中距離高速バスなどを運行している。

車両

グループ内に三重いすゞ自動車があることからいすゞ自動車製が最も多く在籍している。

路線車

いすゞ車が最も多く、車体は川崎重工(後のアイ・ケイ・コーチ、いすゞバス製造)、富士重工製が導入されている。続いて日野自動車三菱ふそうは最も少なく日産ディーゼルの一般路線車は在籍していない。

客席シートベルトがない、あるいは座席レイアウトが都市型となっている車両は、最高速度が時速90kmに制限されるリミッターが装着されており、速度計の最大値も同様に90km/hとなっている。

特急車・高速路線車

貸切シャーシのA特急車と、トップドア路線バスシャーシのB特急車、長距離高速路線車が存在する。
A特急車は名古屋から桑名四日市方面への近距離高速路線や中部国際空港アクセス路線、名古屋上野高速バスなどの中距離高速路線で使われる。日野といすゞが多く、近年は三菱車も僅かに導入されている。
B特急車は主に観光路線や契約輸送で使われ、ほとんどいすゞで僅かながら日野が存在する。

長距離高速車は三菱車といすゞ車が在籍し、かつては共同運行会社に合わせて日デ車も入れていた。

貸切車

いすゞ車が大半を占めているが、日野車、三菱車も在籍している。
中には長距離高速車との兼用車や車椅子での乗降に対応するリフト付車もある。

変わり種

かつて鳥羽・伊勢市と博多・天神を結ぶお伊勢さんEXPRESS福岡号が運行されていた頃、共同運行会社の西日本鉄道から夜行用に車両を借り受けていた。西鉄の白夜行塗装のまま社名表記を「三重交通」にし、ナンバープレートを三重ナンバーとしており、非常に目立つ存在であった。

2013年の式年遷宮に合わせてかつての三重交通神都線の車両をイメージした神都バスを導入。伊勢営業所に配属されている。

2014年にはピカチュウのラッピングを施した電気バスが導入された。エルガQPG-LV234N3をベースに神奈川県のフラットフィールド社で東芝製バッテリー・米国UQM社製の出力200kwのモーターへ載せ替える改造を実施した。単純計算でフル充電での航続距離は53km。

pixivに投稿された作品 pixivで「三重交通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 422

コメント