ピクシブ百科事典

鈴鹿サーキット

すずかさーきっと

鈴鹿サーキットとは三重県にあるレジャー施設である。狭義では大規模なレースが行われる国際レーシングコースの事を指す。
目次[非表示]

鈴鹿サーキットとは三重県鈴鹿市にあるサーキットを核としたレジャー施設である。

概要

2輪および4輪のレースが行われる全長およそ5.8kmの国際レーシングコースと、カートジムカーナ、走行会などに使用される南コース、遊園地プール等のレジャー施設、交通教育センターなどを有する。

国際レーシングコース

1962年、本田技研工業(ホンダ)の出資のもと日本国内の常設サーキットとしては2番目に完成した国際格式のコースである。
全長5807m(※)の起伏に富んだ、立体交差を含む8の字型のレイアウトである。
これは、元々テストコースとして使用する事を考慮し、車両に左右均等な負荷がかかるよう意識した為とされる。

(※)2輪走行時はシケインが追加されるため5821m。

東西で分けて2つのコースとすることも可能であり、規模の小さなレースや走行会では東半分、或いは西半分で使用される。

S字コーナーやバンク角の殆ど無いコーナー(ライダーやドライバーからはバンク角が逆に付いているように見える為「逆バンク」と呼ばれている)などの高い操縦技術が要求されるセクションと、スプーンコーナーからバックストレートを経て高速コーナー(130R)をクリアしシケインに至るまでの高速セクションの2つの顔を持ち、選手や観客からも人気が高い。

一方で、が多く天気が不安定になりがちな三重県の、山の麓という立地からレース中に豪雨に見舞われる事がある。
甚だしい例では「ホームストレートでは晴れているのにバックストレートでは雨が降っている」という現象が起きることもあり、選手やメカニック泣かせな一面もある。
また、紀伊半島は台風の通り道として有名であり、決勝レース中に襲来する台風や豪雨によって様々なドラマが産まれている。

富士スピードウェイと違って開業時からコースレイアウトの大幅な変更は行われていないが、マシンの高性能化に対応して安全対策が強化されてている。
しかしながら、MotoGPの日本グランプリにおいて死亡事故が発生したため、以後MotoGPは開催されていない(代わりの開催地となっているのが、やはりホンダが建設に一枚噛んだツインリンクもてぎ)。

周辺の施設


  • 本田技研工業鈴鹿製作所 -もともと2輪と4輪の両方を手掛ける工場だったが、現在では4輪の生産のみ行っている。

  • 鈴鹿サーキット稲生駅 -伊勢鉄道の駅。大規模イベントの際には優等列車が臨時停車する。鈴鹿サーキット最寄り駅で、国際レーシングコースを走行するマシンの爆音が聞こえる程度には近いのだが、メインゲートまで30分ほど掛かる。

  • 鈴鹿ツインサーキット -通称ツイン。鈴鹿市内のバイクショップが運営母体で鈴鹿サーキットと関係は無い。全長1750m、2輪と4輪の両方に対応したミニサーキットより大きくフル規格のサーキットより手軽なサーキット。

  • モーターランド鈴鹿 -全長1000mのミニサーキット。鈴鹿サーキットともツインサーキットとも関係は無い。若くお金がない地元のマニアの間で「鈴鹿で走行会」と言えばだいたいツインサーキットかモーターランド鈴鹿の事を指す。

関連タグ

F1 8耐 SUPERGT D1

この記事のカテゴリ

サーキット モータースポーツ レース 遊園地

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴鹿サーキット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421

コメント