ピクシブ百科事典

富士スピードウェイ

ふじすぴーどうぇい

富士スピードウェイは、静岡県駿東郡小山町にあるサーキットである。
目次[非表示]

富士スピードウェイは、静岡県にあるサーキットである。
現在はトヨタ自動車の傘下である。
日本一かつ世界でも有数の高速サーキットととして数々の名勝負の舞台となった。

概要

1960年代に高速道路網の整備計画が具体化されると「自動車の高速走行試験が出来る場所が無い」という問題が生じた。
当時、常設のクローズドコースとして多摩川スピードウェイと鈴鹿サーキットが存在したが、多摩川スピードウェイは河川敷にある為手狭過ぎ、また鈴鹿サーキットは当時バイク専業メーカーと見られていた本田技研工業が所有していた為「2輪専用ではないか?」と考えられていた。

そこで、4輪用の日本でもトップクラスの高速サーキットとして設計されることとなった。

国際レーシングコース

開業から数度に渡って大幅なコースレイアウトの変更が行われている。


かつては、長大なメインストレートと高速コーナーのみで構成された屈指の高速サーキットであった。
そのため、富士スピードウェイを舞台に闘うマシンはダウンフォースの確保よりも最高速度の向上を目的とした流麗なデザインの車体が多かった。

しかしながら、第一コーナー「30度バンク(バンク角30度の高速コーナー)」で事故が多発し、1974年にはこれを廃止して第一コーナーをヘアピンコーナーとした。
当時は、長大なホームストレートで加速し切った状態でアクセルを緩めずにそのまま第一コーナーに飛び込むという走法がセオリーだったと言われているが、30度バンクは開業から程なくして路面に凹凸ができ、全体的な設計の不良から走行ラインが1本に限られており、他にも様々な不具合があったと言われているが、全開走行を行うには余りにも危険すぎるコーナーであった。

しかしながら、30度バンクを廃止してもなお高速サーキットとしての性格に変化はなく、高い速度で制御不能となったマシンが悲惨な事故を引き起こす状態が続いた。

そのため、数度に渡ってコースレイアウトの改修を施して平均速度の抑制を行った。

現在では、終盤のセクションに複数のコーナーが追加されたが、依然としてコース全体の1/3を占める全長1.5km近い長大なホームストレートは残されており、ホームストレート上でのデットヒートに沸くファンは多い一方で、「トップスピードを取るか、それともコーナーでの安定性を取るか?」というエンジニア達にとって難しい選択を迫るコースとなっている。

別名・表記ゆれ

FSW

関連項目

F1 SUPERGT
太田哲也(彼が巻き込まれた1998年全日本GT選手権第2戦での多重事故が起こったのが富士スピードウェイ)

この記事のカテゴリ

モータースポーツ レース

pixivに投稿された作品 pixivで「富士スピードウェイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152

コメント