ピクシブ百科事典

加藤大治郎

かとうだいじろう

埼玉県出身のMotoGPレーサー(1976年 - 2003年)。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • 俳優夏原諒の本名及び旧芸名。父は同じく俳優の加藤剛(故人)。

概要

1976年7月6日埼玉県浦和市(現・さいたま市)に生まれる。
3歳の誕生日に両親からポケバイをプレゼントされ、5歳でポケバイレースデビュー。11歳でミニバイクにステップアップし、めきめきと頭角を現した。

1992年にロードレースにデビュー。16歳で運転免許(中型二輪、現在の普通二輪)とサーキットライセンスを取得。熊本県のレーシングチームに所属し、九州選手権の3クラス(GP250、GP125、SP250)全てで優勝しチャンピオンとなる。

1994年に国際A級ライセンスを取得して全日本ロードレース選手権にフル参戦。同年終盤のTI英田サーキットで初優勝。1997年にはホンダワークスのカストロール・ホンダに所属。GP250クラスで8勝を挙げ、初の年間チャンピオンを獲得した。

2000年よりイタリアの「グレシーニ・レーシング」に所属し、ロードレース世界選手権(WGP)のGP250クラスにフル参戦。4勝を挙げてランキング3位。翌年のシーズンはアプリリア原田哲也と一騎打ちとなることが多かったが、結果はシーズン最多タイの11勝を挙げ、初の世界チャンピオンに輝く。この功績を称えられ、翌年に文部科学省から「スポーツ功労者顕彰」が贈られた。

2002年よりMotoGPにステップアップ。シーズン初めは2ストロークのNSR500で参戦したが、この年から新たに投入された4ストロークのRC211Vには遠く及ばず低迷。それでもスペインGPで2スト最上位タイの2位に入り、10戦目からRC211Vを供給されるが、この年は優勝を挙げることができないままシーズンを終えた。

そして2003年4月6日、第1戦の日本GP(鈴鹿サーキット)で予選11位からスタート。3周目に130Rの立ち上がりでバランスを崩してシケインのタイヤバリアに激突。ドクターヘリで緊急搬送されたが、最後まで意識が戻らないまま4月20日に脳幹梗塞のため死去。まだ26歳の若さであった。

関連イラスト

加藤大治郎74
74 加藤大治郎


関連タグ

MotoGP/WGP バイク/オートバイ 夭折

74…ゼッケンナンバー。氏を象徴する数字としてタグ付けされたイラストもいくつか存在するが、当百科事典では全く別の内容の記事になってしまっているため、生前に熱心だったファン(特に女性)はクリックしないことをお勧めする

関連記事

親記事

MotoGP もとじーぴー

pixivに投稿された作品 pixivで「加藤大治郎」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 354

コメント