ピクシブ百科事典

シリーズ21

しりーずにじゅういち

近畿日本鉄道の次世代通勤形電車。
目次[非表示]

概要

近鉄の次世代型通勤車で、コンセプトは「人に優しい、地球に優しい」と「コストダウン」。塗装も従来のマルーンレッド・シルキーホワイトのツートンカラーから一新され、上半はアースブラウン、下半はクリスタルホワイトの塗装で、サンフラワーイエローの帯を配したカラーリングに変更されている。パンタグラフは編成ごとに下枠交差型かシングルアーム式にそろえている。

2000年に投入の3220系から運用開始。現在は奈良線を中心に、大阪線、南大阪線にも投入され、近鉄の旧型車置き換えに貢献した。阪神なんば線難波延伸のときまでに製造を一旦終えている。
なお、近鉄山田線には営業運転で入線した実績はあるが、名古屋線には白塚車庫に疎開した程度で、営業運転での入線実績はほとんどない。

ブレーキ方式は電気指令式を採用している。3220系以外は電磁直通ブレーキ式の従来車と連結可能とするため、ブレーキ指令読替装置を装備している。編成美?何の問題ですか?
IGBT素子のVVVFインバータは編成ごとに三菱電機製か日立製作所製にそろえられている。
ただし3220系6820系は日立製作所のみ。

該当車両

3220系


京都市営地下鉄烏丸線直通用。(これに合わせて烏丸線の乗り入れ範囲が近鉄奈良まで拡大)
ロングシートの6両編成で3本在籍。
3200系と同じく、先頭車は非常時貫通型で6連単独運用にしか入らない。

5820系


20番台

近鉄奈良線系統で活躍するL/Cカーの6両編成で5本在籍。
阪神電気鉄道乗り入れ対応。

50番台

近鉄大阪線系統で活躍するL/Cカーの6両編成で2本在籍。トイレ付き。
IGBT素子のVVVFインバータは末尾51の編成が三菱電機製、末尾52の編成が日立製作所製。

9020系

20番台


近鉄奈良線系統で活躍するロングシートの2両編成で19本在籍。
この形式のみで2両編成を複数つないでできる、「ブツ6」「ブツ8」「ブツ10」がたまに見られる。

50番台

近鉄大阪線系統で活躍するロングシートの2両編成で1本在籍。
IGBT素子のVVVFインバータは日立製作所製。

9820系


近鉄奈良線系統で活躍するロングシートの6両編成で10本在籍。
阪神電気鉄道乗り入れ対応。

6820系


近鉄南大阪線系統で活躍するロングシートの2両編成で2本在籍。
9020系の狭軌版にあたる。

関連項目

近畿日本鉄道 近鉄 近鉄電車 鉄道車両の形式の一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「シリーズ21」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6529

コメント