ピクシブ百科事典

阪神なんば線

はんしんなんばせん

近鉄難波線とともに阪神と近鉄を繋ぐ路線
目次[非表示]

概要

尼崎~大阪難波間の路線で、西九条~大阪難波間開業前は西大阪線と呼んだ。大阪難波まで延伸したことで、近畿日本鉄道奈良線との相互直通運転を開始した。ただし、使用車両は他の鉄道路線との共通化の観点によって阪神の3ドア18m車と近鉄の4ドア20m車による乗り入れとした。
運転士の交代や、運転指令は桜川駅が境界。運転区間が近鉄線内で完結する列車は大阪難波駅の折り返し線の都合により一部が桜川駅で折り返すので、近鉄特急が阪神線桜川駅で見ることができる。

列車種別

西大阪線時代は、「西大阪特急(すでに廃止されている)」を除き、各駅停車のみであったが、なんば線の開通と近鉄との直通運転開始に伴い、近鉄奈良線系統の種別(普通、区間準急、準急、快速急行)が当駅まで乗り入れてくるようになった。
また、西九条~大阪難波間はすべての列車が各駅に停車する。

快速急行

もともとは、平日夕方の急行数本を急行の入れ替わりで運転していた列車。阪神なんば線開通・近鉄との直通運転開始に伴い、終日運転されるようになった。全列車がなんば線・近鉄線直通であり、阪神梅田には乗り入れない。運転区間は改正前と変わらず三宮止まりだが、土休日に新開地始発がある。阪神からは、1000系と9000系が起用され、近鉄は阪神のATSを搭載したVVVF制御車からランダムで起用される。

時間帯、平休日によって停車駅が異なる。平日朝夜は特急よりも停車駅が少なく、平日昼間はやたらと停車駅が多かったりする。なんば線では全駅で20m10両対応工事が完了しているが、本線では、20m6両対応工事しかしていない。そのため、尼崎で難波寄りの4両(2両+2両)を分割・併合する。また、ホームの問題から特急停車駅である御影を通過する。

  • 停車駅:大阪難波~西九条の各駅、尼崎、(武庫川)、甲子園、(今津)、西宮、芦屋、魚崎、三宮、《元町、西元町、高速神戸》

※()内の駅について、武庫川は平日の昼間時と土休日に停車、今津は土休日のみ停車
※《》内は土休日上り新開地始発のみ停車

準急

かつては阪神本線にて設定があり、朝夕に運行していた。運転区間は、朝の梅田行きのみ石屋川始発で、それ以外は梅田~(尼崎・)甲子園であった。現在は、近鉄からの直通列車として使われており、阪神なんば線内でしか見られない種別となった。

先述の快速急行と同じ車両が使われ、全列車6両編成。運行本数は少ない。

区間準急

なんば線において近鉄との直通運転開始時に運行開始。先述の準急と区間準急はなんば線内は各駅に停車する。先述の快速急行と同じ車両が使われ、全列車6両編成。

普通(車掌は各駅停車と案内)

各駅に停車。先述の快速急行と同じ車両が使われ、全列車6両編成。ジェットカーは使用されない。
西九条~大阪難波間開業前は赤胴車またはジェットカーによる4両編成で運行していた。

駅と停車駅一覧

全ての駅が大阪市と尼崎市を通る路線。快速急行の●は停車、ㇾは通過。
普通区間準急準急は各駅に停車のため省略。

駅番号駅名読み快速急行乗り換え
HS41・A01大阪難波おおさかなんば
  1. 近鉄大阪線/奈良線
  2. 南海電鉄本線/南海高野線
  3. 大阪市営地下鉄御堂筋線/千日前線/四つ橋線
  4. JR大和路線(関西本線)
HS42桜川さくらがわ
  1. 南海電鉄高野線(汐見橋線)
  2. 大阪市営地下鉄千日前線
HS43ドーム前どーむまえ大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線(ドーム前千代崎駅)
HS44九条くじょう大阪市営地下鉄中央線
HS45西九条にしくじょう
  1. JR大阪環状線/桜島線(JRゆめ咲線)
HS46千鳥橋ちどりばし
HS47伝法でんぽう
HS48ふく
HS49出来島できじま
HS08大物だいもつ阪神本線
HS09尼崎あまがさき阪神本線(神戸三宮駅まで直通。)

関連タグ

近鉄難波線近鉄奈良線 阪神本線 阪神電気鉄道 近畿日本鉄道
阪神1000系阪神9000系 京セラドーム大阪

pixivに投稿された作品 pixivで「阪神なんば線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2993

コメント