ピクシブ百科事典

阪神9000系

はんしんきゅうせんけい

阪神電気鉄道の車両で、赤胴車では初のステンレス車体。 山陽と近鉄の両方へ直通可能。
目次[非表示]

概要

阪神淡路大震災で被災した車両を補うために製造された車両で、6両固定編成5本が在籍。
川崎重工業製の車両で阪神電鉄では5201号・5202号「ジェットシルバー」以来のステンレス鋼製車両である。阪神急行用車両では初のVVVFインバーター制御車。メイン画像は登場時の白+バーミリオンの帯をまとった姿。
本車がステンレス製なのは被災廃車補充のため急造しなくてはならなかったことが原因で、この時の川崎重工神戸工場で30両を短期間に用意できるのはステンレス車だけだったためだと言う。この為、震災前に設計が完了し、先に登場していた5500系の設計を急行用にアレンジした上で製造された。

尚、武庫川車両製造はステンレス鋼の生産ラインを持たない為、次の9300系では鉄製車両に代わったが、武庫川車両製造解散後の阪神1000系では再びステンレス鋼製車両となっている。

1998年に直通特急が運行開始され、本形式も8000系と共に直通特急に使われるようになる。

後輩の1000系デビュー後、9000系はなんば線乗り入れ改造を行い、自社の球団と同じ色(白+ビバーチェオレンジ。1000系と同じカラーリング)の帯に変更した。種別・行き先表示機がフルカラーLED式となり、連結器も近鉄に合わせて廻り子式密着自動連結機となっている。またこのとき8両、10両運用ができるように阪神1000系(2両の増結編成)への併結対応改造を行った。
この為、現在は山陽(山陽姫路駅)と近鉄(近鉄奈良駅)の両方へ直通可能な形式でもある。

編成表

原型

  • ←大阪梅田
  • 神戸三宮
山陽姫路→
編成表920090009100910090009200竣工備考
MT構成Tc1M'MMM'Tc2
9201F9201900191019102900292021996年
9203F9203900391039104900492041996年
9205F9205900591059106900692061996年
9207F9207900791079108900892081996年
9209F9209900791079110901092101996年

近鉄直通改造後
  • ←大阪梅田
  • 近鉄奈良
  • 神戸三宮/
  • 山陽姫路→
電算番号920090009100910090009200改造竣工備考
MT構成Tc1M'MMM'Tc2
HQ029201900191019102900292022008年
HQ049203900391039104900492042008年
HQ069205900591059106900692062008年
HQ089207900791079108900892082008年
HQ109209900791079110901092102009年

関連タグ

阪神電鉄阪神電気鉄道 赤胴車
阪神8000系8000系
阪神9300系9300系
阪神1000系1000系
阪神5500系 阪神5700系 ジェットカー 永遠の二番手

関連記事

親記事

赤胴車 あかどうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「阪神9000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13529

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました