ピクシブ百科事典

直通特急

ちょくつうとっきゅう

直通特急とは、特急列車の派生種別である。
目次[非表示]

列車種別の1つで、「特急」の派生種別にあたる。停車駅の違いのほか、他路線への直通運転を行うため、通常の「特急」と区別することになった。日本国内で運行しているのは下記の通り。

阪神電気鉄道山陽電気鉄道

阪神本線阪神神戸高速線山陽電気鉄道本線を経由して運転される列車。JR西日本が運行している新快速・快速列車への対抗策として1998年より運行を開始した(同時に阪急神戸線から山陽電気鉄道方面への乗り入れが終了)。

現在のダイヤではラッシュ時に毎時5本が、日中は毎時4本が設定され、両社間の最速達列車としての位置づけにある。また、早朝深夜には区間運転の列車も設定されている。

直通特急 阪神梅田
直通特急 姫路


なお、直通特急の種別表示は2種類あり、種別が「赤」の直通特急は阪神神戸三宮駅-山陽板宿駅間も通過運転をするのに対し、種別が「黄」の直通特急は阪神神戸三宮駅-山陽板宿駅間を各駅に停車する。これは、日中のダイヤで阪神が10分ヘッド・山陽が15分ヘッドを組んでいるので間隔調整が必要になった為。

年表

  • 1998年設定当初
    • 最速87分(尼崎・甲子園・魚崎・月見山・舞子公園通過)だったが、尼崎付近で信号待ちを喰らっていた為、後述の通り、理論上では86分運転も可能だった。
    • 甲子園停車は休日全列車と平日の早朝と夕方以降。


  • 2001年
    • 尼崎と魚崎が停車駅に加わり、同時に神戸高速を各停で走る便(黄幕)も登場。
    • 淡路花博で臨時停車していた舞子公園に休日のみ停車するようになった。
    • 最速88分で、停車駅が2駅増えたのに所要時間の増大が1分に留まったのは、尼崎の前後で発生していた信号待ちを尼崎停車で相殺した為であり、実質的なタイムロスは魚崎停車のみ。
    • 直通特急の魚崎停車と入れ替わる形で快速急行の魚崎停車が2009年まで取り止められた為、直通特急への乗客の一点集中、それに伴う快速急行の空気輸送が発生した。(余談だが、類似例は同年に阪急京都線でも起こっている)

  • 2006年
    • 朝ラッシュと夕方に荒井と白浜の宮に追加停車するようになった。滝の茶屋とは停車時間帯が微妙に異なる為、後述の複雑怪奇な停車パターンの原因となった。

  • 2009年
    • 甲子園の停車本数が増え(通過する便は平日朝上りの区間特急と雁行する時間帯のみに減少)、月見山と舞子公園が全列車停車となった。
    • 昼間の山陽普通の待避駅が明石から霞ヶ丘に変更された事で舞子公園-霞ヶ丘-須磨で余裕の無いダイヤが組まれ、同区間では直通特急が信号待ちで遅れやすくなっている。赤幕の直前を走る須磨浦公園行特急は須磨で接続する姫路行普通車(霞ヶ丘で赤幕直特通過待ち)への乗換は駆け込み乗車をしないと間に合わない程余裕が無く、更に休日の快急の直後を走る便は芦屋の手前で信号待ち停止させられる事が多い。これらが原因で姫路行赤幕直特が東垂水付近、その15分後の黄幕直特が魚住付近での信号待ちで遅れやすい。待避駅変更前は須磨・明石・東二見・大塩の4駅で遅れを吸収出来たが、変更後は大塩のみとなった。甲子園輸送も絡めば15分遅れ(=事実上の1本運休)が簡単に起こってしまう(実際に起きた)。所要時間が伸びたと同時にダイヤに余裕が無くなった最大の矛盾点である。
    • 黄色幕の各停区間が三宮-須磨間に延長され、特に急がないと揶揄されるようになった。
    • 甲子園と魚崎の利用客の直通特急への一点集中が更に悪化しており、夕ラッシュや高校野球開催日では直通特急で積み残しが発生しているのに対し、急行・快速急行がガラ空きとなっているケースが目立つ。なお、この改正で快速急行は魚崎停車に戻っている。

  • 2013年
    • 2月12日、荒井駅付近の踏切でトラックによる列車妨害で5030系5630Fが脱線大破し、荒井駅ホームに乗り上げた。約1年に亘る長期修理を強いられ、その間は山陽車のスジを阪神二代目1000系で代走していたが、阪神も検査の都合で車両不足に陥っていた為、その穴埋めとして阪神なんば線及び近鉄線の阪神車運用を近鉄車で代走した。損傷の少ない5231と5250は編成全体の修理完了まで5000系5000Fに組込んで暫定6連を組んでいた。直通特急運転開始15周年を目前に控えた事件であった。

  • 2016年
    • 黄幕の各停区間が神戸三宮-板宿間に変更されたが、所要時間は変わらなかった。
    • 度重なる停車駅追加と阪神と山陽のダイヤが噛み合わない時間帯も合わさって、平日夕方に112分かかる赤幕の便(梅田18時50分発・姫路20時42分着)が存在する。あたかも直通特急が直通特急に抜かされるダイヤなのでは?と錯覚してしまうが、梅田発車時点で次の直特が(阪神特急を挟んで)20分後なので一応姫路まで逃げ切っている。黄幕でも110分の便がある。

混沌とした阪神時刻表

山陽の時刻表が赤幕と黄幕(神戸三宮-板宿間各停)で時刻の表示方法を変える事で追加停車の記号の種類を抑えているが、阪神は全て赤表示で、下り追加停車の記号が6種類と多い。しかも同じ形の記号を白黒反転させて使い回しており、見間違えやすい。平日夕方は阪神10分間隔と山陽12分間隔の時間調整及び山陽区間の3駅の追加停車時間帯の微妙な違いが祟って4種類がランダムで組まれ、複雑怪奇と化している。
2009年以降の阪神時刻表で記されている6種類の下り追加停車パターンを以下に示す。

  • 滝の茶屋停車
  • 荒井・白浜の宮停車
  • 滝の茶屋・荒井・白浜の宮停車
  • 神戸三宮-板宿間各停・滝の茶屋停車(黄幕)
  • 神戸三宮-板宿間各停・荒井・白浜の宮停車(黄幕)
  • 神戸三宮-板宿間各停・滝の茶屋・荒井・白浜の宮停車(黄幕)

使用車両

全列車6両編成。


停車駅

  • ここでは便宜上、通常の特急列車(阪神特急、山陽特急)も掲載。
  • 山陽特急は早朝深夜のみの運転
  • 全列車通過の途中駅は省略。
  • ◎は停車、△は一部停車、レは通過。


駅番号・駅名阪神特急山陽特急直通特急(黄)直通特急(赤)備考
HS01 梅田JR・地下鉄・阪急の各路線乗り換え
HS09 尼崎阪神なんば線(近鉄奈良線方面)乗り換え
HS14 甲子園直通特急は平日朝ラッシュ時の上り列車が通過
HS17 西宮
HS20 芦屋
HS23 魚崎六甲ライナー乗り換え
HS25 御影
HS32 (阪神)神戸三宮JR・地下鉄各線、ポートライナー乗り換え
HS33 元町
HS34 西元町
HS35 高速神戸阪急電鉄(阪急神戸線方面)乗り換え
HS36 新開地神戸電鉄(有馬線方面)乗り換え
HS37 大開
HS38 高速長田
HS39・SY01 西代
SY02 板宿地下鉄西神・山手線乗り換え
SY03 東須磨
SY04 月見山
SY05 須磨寺
SY06 山陽須磨
SY07 須磨浦公園
SY09 滝の茶屋朝ラッシュ時の上り・夕ラッシュ時以降の下りが停車
SY11 山陽垂水
SY13 舞子公園
SY17 山陽明石JR神戸線(山陽本線)乗り換え
SY25 東二見
SY31 高砂
SY32 荒井直通特急は朝夕ラッシュ時に停車
SY35 大塩上り列車は最後尾の車両がドアカット
SY38 白浜の宮直通特急は朝夕ラッシュ時に停車
SY40 飾磨山陽電鉄網干線乗り換え
SY43 山陽姫路JR山陽新幹線・在来線各線乗り換え

阪急電鉄Osaka Metro

阪急各路線およびOsaka Metro堺筋線から阪急嵐山線方面へ運転されている直通特急はすべて臨時列車。春・秋の行楽シーズンに運行されている。なお、ホームの容量の関係で8両編成ではなく6両編成での運行となる。
2019年4月には7000系を改装した『京とれいん雅洛』を使用した列車が西宮北口-嵐山間で運行された。

停車駅

あたご」(神戸線京都線嵐山線)

高速神戸駅-六甲駅-岡本駅-夙川駅-西宮北口駅-塚口駅-十三駅-淡路駅-桂駅嵐山駅間各駅

とげつ」(今津北線⇔神戸線⇔京都線⇔嵐山線)

宝塚駅門戸厄神駅間各駅-塚口駅-十三駅-淡路駅-桂駅嵐山駅間各駅

ほづ」(地下鉄堺筋線千里線⇔京都線⇔嵐山線)

天下茶屋駅-日本橋駅-天神橋筋六丁目駅-淡路駅-桂駅嵐山駅間各駅

関連項目

列車種別 直通 特急 快速特急
特に急がない 13駅連続停車 直通運転 相互乗り入れ

関連記事

親記事

特急 とっきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「直通特急」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4511

コメント