ピクシブ百科事典

阪神8000系

はんしんはっせんけい

阪神電気鉄道の主力車両。赤胴車。
目次[非表示]

概要

1984年から1996年までの12年間にわたり合計129両が製造された阪神電気鉄道の優等列車用車両(赤胴車)で、阪神の主力車両である。優等列車のほとんどが6両編成であったことから、本形式は本格的な6両固定編成(※3両編成ユニット同士を2つつなげた形態)を組むことになった。界磁チョッパ制御車。

129両製造と述べたが、阪神淡路大震災で6両編成10本が被災し、うち4本は6両とも復旧できたものの残りの6本から合計15両を廃車せざるを得なくなった。欠けてしまった分は3両を新造して6両編成4本組成に揃え(※129を6で割っても余り3になるのはこのため)、従来車含めた編成不足分は阪神9000系の新造で賄った。

1998年から山陽電気鉄道・姫路方面への直通運転を開始し、全車ロングシートであるために山陽の車両に比べ車内サービスが劣る事から、2002年から2015年にかけてリニューアル工事を行った。一部の中間車はクロスシートへ改造している。

現在の運用は阪神本線梅田から神戸高速線を経て山陽電気鉄道本線の山陽姫路までの優等列車が基本で、阪神なんば線近鉄奈良線方面へは乗り入れない。

製造別

1次型(8201編成⇒8523編成神戸方ユニット)

鉄面画 阪神8000系8502


第1編成は以降の編成とは異なる形態で竣工。従来の赤胴車に似たデザインである。8000系唯一のユニット式二段窓編成。分散式冷房を搭載。

阪神淡路大震災では8001・8101・8202の3両が廃車となった。梅田側先頭車の8201は方転改造を行い8502へ改番し、8102-8002-8502の3両ユニットを組んだ。現在は梅田側に8523-8023-8123の3両ユニットとつないで6両固定編成を組んでいる。
なお、山陽電気鉄道への乗り入れ協定の都合からこの編成は「直通特急」の運用へは充当されない。

2次型(8211・8213・8215編成)

阪神8000系

(※イラスト中央)
第2~4編成。このグループは前面デザインを変更したため番号を11から振ることになった。分散式冷房を搭載。

阪神淡路大震災では8213編成の8113・8114・8014の3両が廃車となった。残った3両は編成をばらし、8214は8221編成の神戸方先頭車として、8213・8013の2両は8217編成の梅田方2両として組成された。

3次型(8217~8231編成)

第5~12編成。1986年から製造されたグループは集約分散型冷房を搭載。リニューアル工事に伴い行先表示器・標識灯LED化が行われた編成が登場しているが、3次型では8231編成のみである。

阪神淡路大震災では8217編成の8217・8017、8221編成の8222、8223編成の8223・8124・8024・8224が廃車となった。

  • 8217編成・8221編成は先述の通り8213編成の残り車両と組み合わせて6両固定編成を組んだ。
  • 8223編成は8023・8123の2両が残った。梅田方先頭車として8523が代替新造され、8523-8023-8123の3両ユニットを組み、先述の通り8201編成の神戸方ユニットとつないで6両固定編成を組んだ。

4次型(8233~8249編成)

鉄面画 阪神8000系


第13~21編成。1991年から製造されたグループは集約分散型冷房搭載のほか、側面窓が連続窓風の外観となった。バケットシートも採用。
リニューアル工事に伴い9編成とも行先表示器・標識灯LED化が行われた。このグループにはクロスシート車はなくすべてロングシート車である。

阪神淡路大震災では8235編成の8036・8236が廃車となった。代わりに83368536が代替新造された。

関連項目

阪神電気鉄道阪神電鉄 赤胴車 直通特急 阪神1000系 阪神9300系9300系 8000系

pixivに投稿された作品 pixivで「阪神8000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 426

コメント