2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

山陽電気鉄道が保有する通勤形車両。2016年(平成28年)より運行開始。

3000系列のうち、リニューアル・延命工事を行わなかった編成の老朽代替用として製造・増備が続けられている。このため、優等列車用の5000系・5030系とは異なり最初から普通列車運用主体の3・4両編成で構成されている。

  • 「S特急」運用には4両編成も使われるため、本系列もS特急運用に入る。
  • 5000系・5030系のリニューアル工事に伴う6両編成不足のため、3+3の6両編成による阪神電車へ直通する「直通特急」の運用にも用いられる。この場合は貫通幌枠とジャンパ栓を装備できるMc2車とMc3車が連結する。

編成表

  • パンタグラフはT6300形に2基搭載。
  • CP=コンプレッサー、Bt=蓄電池、SIV=補助電源装置


3両編成(Mc6100形に貫通幌枠)

←大阪梅田6000(Mc1)6300(T1)6100(Mc2)山陽姫路→
機器構成CP,BtSIVCP,Bt
6000F600063006100
6002F600263026102
6004F600463046104
6006F600663066106
6008F600863086108
6016F601663166116


3両編成(Mc6000形に貫通幌枠)

←大阪梅田6000(Mc3)6300(T1)6100(Mc4)山陽姫路→
機器構成CP,BtSIVCP,Bt
6001F600163016101
6003F600363036103
6005F600563056105
6007F600763076107
6009F600963096109
6015F601563156115


3両編成(単独運用限定)

←大阪梅田6000(Mc1)6300(T1)6100(Mc4)山陽姫路→
機器構成CP,BtSIVCP,Bt
6017F601763176117


4両編成

←神戸三宮6000(Mc1)6300(T1)6500(T2)6100(Mc4)山陽姫路→
機器構成CP,BtSIVCP,Bt
6010F6010631065106110
6011F6011631165116111
6012F6012631265126112
6013F6013631365136113
6014F6014631465146114


関連項目

山陽電気鉄道 山陽電気鉄道本線 網干線 6000系 3000系 山陽5000系5000系

関連記事

親記事

山陽電気鉄道 さんようでんきてつどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「山陽6000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3379

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました