ピクシブ百科事典

つどい

つどい

ここでは近畿日本鉄道の観光列車について解説。
目次[非表示]

近鉄2013系「つどい」

第1期

2013年の伊勢神宮の式年神宮にあわせて、伊勢志摩地域を周遊することを目的に、観光列車として運行を開始した。「明るく楽しい雰囲気の列車」「伊勢志摩地域の見所をご紹介する列車」を開発コンセプトにしている。

土・休日のみの運行で、伊勢市駅賢島駅間を1日2往復していた。それ以外の日は団体専用車として活躍。乗車の際、観光列車料金として片道大人300円、子供150円が必要だった。

停車駅:伊勢市-宇治山田-五十鈴川-鳥羽-鵜方-賢島

2017年8月27日、初代デザインでの通常運転を終了。その後、時折団体列車として使用されたが、2018年6月上旬に五位堂研修車庫に入場し、ラッピングを剥がされた。

第2期

2018年6月13日にリニューアルすることが発表され、三重県菰野町と連携して「足湯列車」として同年7月14日より運行を開始した。

キャンペーンの一環として、7月14日から9月2日まではリアル謎解きゲーム「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」を車内で楽しめる観光列車として土・休日を中心に運行する。「足湯列車」としての運行は10月6日からで、いずれも近鉄名古屋駅湯の山温泉駅の間を1日1往復している。

観光列車料金は片道大人500円、子供250円に変更された。またリニューアルに際し、中間車のモ2013号車には湯の山温泉の源泉を使った足湯が追加されており、「足湯利用券」(1人100円)をカウンターにて別途購入することで利用できる。

停車駅:近鉄名古屋-近鉄四日市-湯の山温泉

余談

車両は3両の通勤形電車、2000系からの改造で、形式が「2013系」となっているが、決して登場年の形式からとったわけではなく、2000系のうち唯一トイレが付いていた2107-2013-2014の編成を改造種車としたためで、ただの偶然。

関連項目

近畿日本鉄道 近鉄
第1期:近鉄志摩線 近鉄鳥羽線 近鉄山田線
第2期:近鉄名古屋線 近鉄湯の山線
あおぞら  かぎろひ

pixivに投稿された作品 pixivで「つどい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6752

コメント